「平塚漁港の工房」カテゴリーアーカイブ

平塚漁港の工房で青空ランチ♪

2021年1月21日(木)
昨年10月に平塚漁港近くにOPENした『平塚漁港の工房』へランチに。今日は快晴!風もなく太陽が暖かく迎えてくれました。

平塚漁港の工房20210121

実は、先日「まとメシbyおとなの週末(講談社)」連載「至福のサバ百選」記念すべき!2021年第一弾でも紹介いただいた「『平塚漁港の工房』で絶品『サバラーメン」』とド迫力の『サバ食べ尽くしプレート』を食べたくなって来てしまいました!
平塚漁港の工房は、当組合の6次産業化を推進する企画として平塚漁港水揚げのサバを中心にたくさんのお魚を食べてもらうために誕生した工房です。

2Fはテラスになっているので、とても気持ちよく過ごせます。1Fレジ横も注目です。平塚のお魚にこだわった加工品や漁港周辺にあるお店の品々もまとめて楽しめます。もちろん、足を延ばして『須賀さんぽ』を楽しみながら直接お店に行けば購入することができる品々ですが、時間が無いという方は、こちらでまとめてGETできますよ。

今回、『クロムツの煮つけ』&『サバぶしふりかけ』を買ってみました。こちらは後日楽しみたいと思います。

「平塚漁港の工房」アラ煮、めちゃウマ!ごはんがススム。

先日、『平塚漁港の工房』でアラ煮をGET!
早速食べてみました。

平塚漁港の工房 あら煮

普通にうまい!
このアラ煮良いところは、湯銭してお皿に乗せて食べるだけ!
私は、今日のおかずはこれだけ!でも行ける。普段、平塚漁港の食堂のメニューでも出ているアラ煮を要望によりテイクアウト商品として、「平塚漁港の工房」にて販売しているとのこと。
是非一度ご賞味あれ♪ハマります。

↓のようにパッケージされいます。なので扱いが落ちん。

平塚漁港の工房 あら煮パッケージ

『ひらつかまちまるごと』自然環境学舎 漁港に来訪♪夕日がキレイでした。

2020年12月19日(土)
子どもたちの『自然環境』への興味と関心を呼び覚ます。と題して市内様々な自然環境を遊び、学び、考える市民団体【ひらつか着地型観光推進委員会】がひらつかタマ三郎漁港に来訪。
こちらの企画は、市と市⺠団体「ひらつか着地型観光推進委員会」が協働事業として、ひらつかのまち全体に点在する多様な地域資源をまとめ、再編集し、さまざまな学びを得られる観光プログラムづくりとのこと。

当組合2F会議室で、再生可能エネルギーの地産地消実現を目指し取組が進められている「波力発電」等について、東京大学生産技術研究所 林教授の講話から実際の波力発電施設見学。
平塚海洋エネルギー研究会・・・http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/sangyo/page-c_01629.html

その後、平塚漁港発、周遊船として沖合にあるこれまた東京大学の波浪観測タワー当組合組合員が操業する定置網、お隣茅ヶ崎市にある烏帽子岩、最後に波力発電施設を海側から見学し、船から夕日を堪能♪

締めは、今年10月にOPENした「平塚漁港の工房」にてサバラーメンを堪能。冬場の暖かい食べ物はホッとしますね。

今回は、漁港編でしたが、これまで、地場産野菜の生産者、こだわりのバラ生産者、自然体験を中心に展開するNPO法人、里山づくりを手掛ける地域協議会など魅力満点の人物フィールドで展開されました。次回開催は未定とのこと、今後の予定はHPにてUPされるとのことです。https://hiratsukamanabiya.wixsite.com/mysite