「漁業活性化協力の輪」カテゴリーアーカイブ

うれしいことは、立て続けに起こる!あの学校給食で誕生した「シイから南蛮」がバーガーとなってまもなく商品化!!

2022年3月4日(金)
「僕らのシイラアカデミア」と題して、平塚のシイラを普及促進してくれた港小学校6年1組の生徒たちが当組合に来てくれた、およそ1時間前の出来事。
なんと、なんと。マヒマヒタルタルバーガーの鳥仲商店さんが当組合に来訪。試食を持ってきてくれました。

20220304シイラ唐揚げバーガー鳥仲商店

あの時学校給食で食べたシイラからインスピレーションを得て試行錯誤の結果、形になった「シイから南蛮バーガー(仮称)」です。鳥仲さんの説明では、タルタルソース仕立てとネギソース仕立て、この他オレンジソース仕立てなど展開もあり!と今後のバリエーションも期待できます。

20220304シイラ唐揚げバーガー食べる

預かった試食は、ちょうど会議で組合に来ていた漁師たち、そして港小学校6年1組の有志たち、担任の先生にも食べていただきました。感想は!ウマッ!!の連発。シイラはもともと淡泊、「鶏肉を食べているようなバーガー」「これはまた購入したいと思う内容だね」と高評価でした。販売が待ち遠しいです。

えっ!港小学校「僕らのシイラアカデミア」が更に展開♪生徒たちが完成したカルタをもって報告に来てくれました。

2022年3月4日(金)
「僕らのシイラアカデミア」と題して、平塚のシイラを普及促進してくれた港小学校6年1組の生徒たちが当組合に来てくれました。
なんと、なんと。僕らのシイラアカデミアは、シイラ給食で終わってなかったという話です。

想いがギッシリ詰まったパッケージ

報告してくれた大きな紙には、カルタが!すべて6年1組が総合学習で学び考え作り上げた「平塚シイラカルタ」でした。学習のテーマは、歴史を学び未来につなげるカルタ制作。5年生の時から取り組み続けている「平塚のシイラ」についてをカルタにし、自分たちの取り組みも歴史の1ページにしつつ、更にはカルタとして今後も普及促進することを考え制作したとのこと。卒業ギリギリまで、カルタを地域の商店やスーパーなど展示してくれるところを探し、発信していくと元気いっぱいでした。

平塚のシイラカルタ20220304-1
放課後に有志で報告に来てくれた生徒たち&先生

当組合としては、今年度学校給食でシイラを取り扱ってくれたということだけでも非常にうれしい出来事ですが、年度末に来て更に感激する出来事となりました。カルタ1枚1枚に熱い想いを感じます。彼らの想いを更につなげ「平塚のシイラ」を益々盛り上げていきたいと思いました。本当にありがとう!

その日の気分で選んで定食♪お惣菜の漁港の工房でランチしました。

2022年2月17日(木)
サバラーメンでおなじみの、「平塚漁港の工房」で【選べる惣菜ランチ】が人気と聞いて、漁港の工房でランチ♪
平塚漁港の工房は、「平塚漁港の食堂」姉妹店として食堂すぐそばに2020年10月に当組合6次産業化推進の1つとしてOPENしました。

もともとお魚をはじめお惣菜やテイクアウト、お弁当に力を入れている「漁港の工房」ですが、うまいお惣菜を選んでランチができるという楽しい工房に。
お魚だけでなく、お肉料理もあり本当にその日の気分でいろいろなおかずを食べられるのは魅力的でした。

やっぱ、漁協の職員としてはお魚でしょ(笑)ということで、お魚三昧のお惣菜に。なぜにお魚づくしかというと、これだけたくさんのお魚をいろいろなパターンで気軽に食べられるって、自分で料理するとなるとなかなか大変なので。とてもありがたい!と感じるわけです。染み旨サバの南蛮漬け、サクサク衣のお魚フライ、お刺身も4種盛り。温かい漁師汁は、ワカメも入っていてご機嫌です。