JFhira1 のすべての投稿

近くのこども園、園児たちが漁港に遊びに来てくれました♪

2020年10月30日(金)
近所にあるこども園の園児たちが、漁港を通過して遠足に来てくれました♪秋晴れ、気持ち良い風が吹く漁港で子供たちは、突然現れた「ひらつかタマ三郎」にややビックリしながらも遊んでいきましたよ。ほっこり癒されました~

2020.10.30港こども園遠足

当日水揚げが出来たら、定置網で獲れたお魚にも触れあってもらおうと考えておりましたが、、、、潮が速く水揚げが無く。。。。しかし、地先に海底にいるヤドカリたちに子供たちも喜んでくれました。
タマ三郎もまったり~とても喜んでいましたよ♪
今度はお父さんやお母さんと遊びにおいでね~!

親うなぎを相模川河口部/花水川河口部に放流しました。

2020年10月29日(木)
相模川河口付近及び花水川河口付近にて、相模川第二組合と合同で、うなぎの放流を行いました。今回放流されたうなぎは合計約90Kg。
少しでも親うなぎが循環、子が川に戻って来てくれることを期待しております!

2020.10.29うなぎ放流

初めての方大歓迎!アマダイ沖釣り大会。参加者募集開始♪

第41回湘南ひらつか アマダイ沖釣り大会 を
2020年12月5日(土)に開催!(主催:平塚市観光協会
※荒天の場合は19日(土)に延期です。

新型コロナ感染症予防対策をとっての開催。
受付前に検温、体調チェック。身近に感染が疑われている方がいる場合は参加をご遠慮いただくこと。集合時や船上での密防止に努め開催いたします。

202012第41回湘南ひらつかアマダイ沖釣り大会ポスター

 昨年からアマダイに対象魚が変更となってから、2回目のアマダイ沖釣り大会!今年もたくさんの方々のご参加お待ちしております!

 問い合わせは市観光協会【電話】0463-21-5110へ。
お申込みは、庄三郎丸 0463-21-1012 豊漁丸 0463-22-5956 浅八丸 080-1114-8181 庄治郎丸 0463-21-1312

海から見た平塚!湘南ケーブルで放送中♪

(一社)平塚市観光協会と9月19日に開催で調整をしておりました、「ひらつかタマ三郎周遊船」がコロナウイルス感染症拡大を受け中心の判断をさせていただきました。こんな時だからこそ、平塚の海を船を使って気持ちよく眺めていただきたい!と思っておりましたが、なかなか難しい現状でした。

それならば!と市観光協会が地元ケーブルテレビ局「湘南ケーブルネットワーク」さんに協力を依頼、「海から見た平塚」を紹介する番組を制作することになりました。平塚の海にある魅力、ほんの一部ですがうまく紹介いただいております。
海から見る平塚の街、波浪観測タワー、定置網、お隣茅ヶ崎市の烏帽子岩、波力発電施設といった流れで紹介。

@shonan_cable 湘南チャンネル ツイッター https://twitter.com/shonan_cable/

ケーブルテレビを見れる方は是非!「ひらつかタマ三郎」くんも登場♪

放送予定は、
9月22日~9月28日
8:00~8:40/12:00~12:40/19:00~19:40ほか
湘南ケーブルテレビ 情報カフェ湘南館にて

ケーブルテレビが見れないよ~という方に朗報です。
市観光協会では、YouTubeで動画を配信する予定とのこと。
こちらも楽しみにしていてくださいね♪

漁港のポテンシャル、あるある!?参加者の笑顔、いただきました!

2020年9月19日(土)
ひらつかタマ三郎漁港のポテンシャルを引き出すべく、漁港を使って他団体とコミュニケーションを図りながら事業を展開する取組を行いました。
従来であれば、「ひらつかタマ三郎漁港まつり」を開催しているところでしたが、今年はコロナウイルス感染症のことも配慮しながら進めました。
地元公民館との共同で開催する地引網体験や観光協会との連携で開催する周遊船は、計画/募集寸前まで行きましたが、コロナウイルス感染症の拡大もあり開催を見送ったところです。
そんな中、少しでも前へ進もうとFM湘南783の手助けもありチャレンジです。

少しわかりにくいですが、漁港内のフラットなアスファルトと漁港内にある資材という在る物を活用して、ラジコン体験。そして、漁港内の一部を網などでくくり、活かしたサバなどを放流。釣り堀の検討を行いました。どちらも天候には左右されますが、密を避けることが可能。今後も期待できます。釣り堀については、課題が多いですね~。がんばりましょう!

NPO法人暮らし・つながる森里川海「湘南いきもの楽校」海のお魚調べが行われました。今回、2部構成。
先発隊により早朝の定置網でどんなお魚が水揚げされているか、また雑魚を中心としたお魚の確保が行われました。
続きまして集合は午後の漁港。満潮を待つ漁港で当組合職員からの平塚の漁業について解説。東京大学大学院農学生命科学研究科附属水産実験所の手良村知功さんを招いて、早朝確保したお魚の観察と漁港を散策し集めた小魚などを水槽に入れて観察会が行われました。子供大人含め約30名の参加者が、漁港を覗き込み~「いきもの発見!」の声が湧き上がりました!!

子供たちの心から驚く声、輝く目。大人たちもメモを取る。いくつになっても知るということは楽しいこと。漁港にある発見に改めて気づかされました!様々なバランスを取りながら、今後もひらつかタマ三郎漁港を盛り上げて行きたいです。