「須賀さんぽ」タグアーカイブ

須賀公民館まつりにタマ三郎!?残る須賀、無くなる須賀。須賀史談会による展示

2021年2月20日(土)~24日(水)にかけて開催されている須賀公民館まつりてひらつかタマ三郎くん登場!?展示は、須賀史談会さんによる「須賀の名の移り変わりを伝えよう!」

20210220須賀公民館まつり

当漁協も元々「須賀」の名前がついていた漁協でしたが、現在は平塚市漁協。時代の流れを感じます。
「札の辻」という場所に昭和46年~現在交番があり、須賀交番として市民の安全を守っていますが、今年2021年3月をもって廃止、代官町交番に統合されることになりました。これをもって須賀と名がつく場所が一つ無くなります。展示では交番が何度か移転を繰り返し、現在の場所に至ることも説明。

今でも須賀という名前が残っている場所。などなど情報満載。勉強になります😀今後も須賀史談会さんからいろいろ教えていただき吸収していきたいと思います。須賀史談会さんには、須賀さんぽMAP改訂時に相談に乗っていただいております。特色のある須賀、散歩散策におでかけ下さいませ✨🐟✨

※須賀公民館まつりは、感染症拡大防止から縮小して展示のみで開催されております。

平塚漁港の工房で青空ランチ♪

2021年1月21日(木)
昨年10月に平塚漁港近くにOPENした『平塚漁港の工房』へランチに。今日は快晴!風もなく太陽が暖かく迎えてくれました。

平塚漁港の工房20210121

実は、先日「まとメシbyおとなの週末(講談社)」連載「至福のサバ百選」記念すべき!2021年第一弾でも紹介いただいた「『平塚漁港の工房』で絶品『サバラーメン」』とド迫力の『サバ食べ尽くしプレート』を食べたくなって来てしまいました!
平塚漁港の工房は、当組合の6次産業化を推進する企画として平塚漁港水揚げのサバを中心にたくさんのお魚を食べてもらうために誕生した工房です。

2Fはテラスになっているので、とても気持ちよく過ごせます。1Fレジ横も注目です。平塚のお魚にこだわった加工品や漁港周辺にあるお店の品々もまとめて楽しめます。もちろん、足を延ばして『須賀さんぽ』を楽しみながら直接お店に行けば購入することができる品々ですが、時間が無いという方は、こちらでまとめてGETできますよ。

今回、『クロムツの煮つけ』&『サバぶしふりかけ』を買ってみました。こちらは後日楽しみたいと思います。

中学生たちが、漁港に校外フィールドワークでやってきました。

2020年11月12日(木)
湘南学園中学校の生徒たち16名が、ひらつかタマ三郎漁港に校外フィールドワークでやってきました!
生徒たちは、『私達の暮らす神奈川県の魅力発見!』をテーマに地域の産業や自然など学びを進めており、実際に水産業で働く現場について見学、体験、お手伝いに来てくれました。

今回漁港では、定置網漁業者が普段実施している網に着いた買い落としや漁具の整理を体験。丁度帰港した湘南しらす丸八丸さんに、水揚げしたての生シラスを見せてもらいました。
港内水面に落下しているゴミにも注目、ごみ掬いまで実施していってくれましたよ。
コロナの影響は?漁業の現場で困っていることは?など質問も多数。積極的に活動に参加、漁師や漁港の一役を買ってくれました。

生徒たちは、体験後各自漁港周辺にあるお店『あぶさん・東家・平塚漁港の食堂』でランチ♪須賀さんぽ~
地魚や苦労話をインタビューして帰りましたよ。北風が強く寒い中、ありがとうございました!