「漁業について」カテゴリーアーカイブ

「もじゃこ」が多い。

最近、定置網漁業では「もじゃこ」をよく見かけます。

「もじゃこ」って!?実は漁協職員も馴染みの無い名前に理解できませんでした(-_-;)。 その正体は、、、、出世魚「ブリ」の幼魚。
えっ「ブリ」の幼魚って「ワカシ」じゃぁ。。。
「ワカシ」→「イナダ」→「ワラサ」→「ブリ」こうゆう認識。さらにその下にも「もじゃこ」がいたとは!?

なぜ、ここまで名前が表に出てきたかというと、これまで定置網の水揚げでは「ワカシ」が獲れる一番小さなサイズでした。ところが、今年は、その「ワカシ」のサイズを下回るサイズ20㎝以下クラス「小ワカシ」が多く漁獲されるという状況をみかけます。

そもそも定置網は、沖合に固定して仕掛けた網に迷い込んだ魚だけを漁獲する漁法です。なので、今日その魚に出会えるのはタマタマということ。漁獲する魚は選べないというのが実情です。
(動画で見る定置網漁業↓下記リンクから)
https://www.jf-hiratsuka.org/question/faq3

漁師たちも、「もじゃこ」じゃなくて、「ブリ」の方がいいよ。と口々に言います。それもそのはず、「もじゃこ・小ワカシ」は小さく市場価値が低く「ブリ」は大きく値段がつきやすいからです。大きく育ってから定置網に迷い込んで欲しいです。

そんな「もじゃこ・小ワカシ」を美味しく食べよう!ということでお魚サポーターさんがチャレンジしてくれることになりました。

Cpicon 圧力鍋で簡単!モジャコの甘露煮 by フシッチェ

しらす漁、解禁まであと~♪

しらす漁の解禁日は、3月11日(水)。
あと数日となりました。
先日、しらす船に網を積み込む漁師たちの姿を見かけました。
少しずつ支度をはじめています。

湘南しらす解禁まであと

写真のように漁師たちが水揚げしたり、水揚げしたシラスを釜揚げしたりするシーンがもうすぐみられると思うと待ち遠しいです。今年の漁模様はいかに!?楽しみです。

あけましておめでとうございます。2020年東京オリンピックイヤーの今年もタマ三郎君が平塚の魚・漁業を盛り上げます!

あけましておめでとうございます。
2020年がスタート!今年は東京オリンピックが開催される歴史的な年です。
そんなオリンピックにも負けずに今年も漁業PRキャラクター「ひらつかタマ三郎」くんは平塚のお魚・漁業を盛り上げます!
今年もよろしくお願いいたします。

定置網「川長三晃丸」水揚再開!「日海丸」も修復作業をしながらの水揚げが続いています(台風被害からの復旧)

台風19号で大きな被害を受けた平塚の2軒の定置網。
そのうちの1軒である「川長三晃丸」が復旧作業を経てやっと昨日11/25から水揚げを再開することができました。
今日は久しぶりにJAあつぎ夢未市での朝どれ鮮魚対面販売にも行きました。 

今日の夢未市での販売の様子

もう1件の定置網「日海丸」は先立って水揚を再開はできているものの網の状況はまだ完全復旧ではなく水揚量が少ない傾向で、修繕作業を続けながらの水揚げをしています。
そんななかでも日海丸の朝どれ鮮魚はJA湘南あさつゆ広場で販売していますので、こちらも是非お買い求めくださいませ~

8/17(土)「神奈川県漁業就業セミナー」開催!漁師に興味のある方は参加してみませんか?

神奈川で漁師になってみませんか?
令和元年度神奈川県漁業就業セミナーが行われます。

日時:8月17日(土)13:30~
場所: 神奈川県民ホール6F 大会議室
主催:神奈川県、神奈川県漁業協同組合連合会

このセミナーでは神奈川県の漁業についての説明や現場の漁師さんの体験談のほか、漁師さんとの直接の就業相談ができます。
今回は体験をお話しする講師として平塚の定置網「川長三晃丸」の漁師さんが参加します。
現場の漁師さんと直接話ができるチャンスです。
漁師になりたい!漁師に興味がある方は是非ご参加してみてください。
詳細はこちら↓
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/kb2/syugyou/r1semina.html
(事前申し込みの期限は過ぎていますが、当日受け付けも可)

(過去のセミナーの様子)