「平塚の漁業」タグアーカイブ

2022年も♪ありがとうございました!来年も引き続きよろしくお願いいたします。

2022年12月31日(土)
1年間ありがとうございました。
振り返ってみると、地場産のお魚を使った水産加工品をたくさん出荷することができました。とにかく種類が相当増えました。これは、平塚茅ケ崎魚市場加工部との連携による、地産地消プロジェクトによるものです。平塚市のスターライトポイント事業やJA湘南あさつゆ広場平塚市観光協会「みなくる平塚」での販売等により地元のお魚加工品が世の中に出ていきました。
広域水産業再生員会でも大磯二宮漁協との連携により、平塚茅ケ崎魚市場さんへお魚の出荷が行われ大磯コネクトでの販売も盛り上がりました。

港小学校の当時6年生のみんなが取り組んでくれた「僕らのシイラアカデミア」も3月には、シイから南蛮バーガーとしてつながりました。その流れもあって、5年生ではシュモクザメ給食も。

ディスカバー農山漁村の宝による都内でのPRやテレビ番組を通してのPR。地元YouTuberによる地どれ魚直売会の紹介など多くの皆様にご協力いただき平塚の漁業をPRできたいと思います。平塚の漁業PRキャラクター「ひらつかタマ三郎」くんに妹が誕生するなど来年の展開が気になるところです。

ヤフージャパンによるカーボンニュートラル促進の平塚市へのふるさと納税では、今年の初めに電池推進船の取り組みや海藻増殖の取り組みも行うことができました。これは、来年へと更に続いていきます。

来年も、平塚漁港水揚げの魚を通して、より良き年となるよう進めていきます。引き続きよろしくお願いいたします。

ふれあい学習@港小学校 定置網漁業者が漁業の話&魚捌きを披露!

2022年12月6日(火)
今年2校目のふれあい学習として平塚市立港小学校に行ってきました。
5年生が地域の産業を学習するにあたり、文字通り漁港から一番近く平塚の漁師さんの卒業生も多い港小学校は、地元といえば「漁業」ということから話を受け、実際に漁業の現場で働いている定置網「川長三晃丸」の漁師さんと一緒に訪問しました。
今回話をしてきた港小学校5年生は、7月に実際に船に乗って平塚~茅ヶ崎の海を周遊する乗船体験をしたほか、先月も総合学習の一環で漁業講話を行ったり、シイラプロジェクトとしても関りがあるなど、縁の深い学校です。
今日は話だけでなく、実際の漁の様子の動画をみてもらったほか、今朝の定置網で水揚げされた「サバ」を漁師さんが自らさばく様子を見てもらいました。
やはり港小学校のこどもたち、魚をさばくことにも興味津々。
きれいに魚がさばけると拍手も起こりました。
また、今日の給食では平塚で水揚げされ、平塚茅ヶ崎魚市場で加工された「サバ」をつかった「サバのみそマヨネーズ焼」というメニューも提供されました。
地域的に海、港、魚になじみの深い場所ではありますが、もっと魚に興味を持ってもらい、給食でも平塚の魚が提供されたらうれしいです。

平塚100人カイギ!湘南しらす丸八丸さん、講演。ついに声がかかりました♪

2022年11月20日(日)
平塚市 市民活動センターにて、平塚100人カイギ(Vol.17)が行われ、当組合のシラス漁師「湘南しらす 丸八丸」さんが講師として参加してきました。

先代の父親が営んでいた漁業を受け継ぐところから話が進み~丸八丸杉山代表が思いを語りました。この様子は、YouTubeでも公開されております。是非覗いてみてください。


100人カイギとは、、、、
「マチにいる100人がプレゼンする」をコンセプトに2016年1月から東京都港区ではじめた活動です。今や各地で行われ、渋谷区、相模原、横浜、千代田区、新宿区でも開催されている、イベントです。
平塚に暮らす、働く、ちょっと面白いことをして関わっているヒトに、仕事や活動についてお話ししてもらいます。 毎回5人(たまに4人)のゲストを招待し、100人集まった時点で会は解散。
カイギ≠会議だと考え、固い話はナシ、ゲスト自身の活動をありのままにお話ししてもらい、その人を起点に新しいつながりが生まれる。それが100人カイギの目指す「カイギ」です。

平塚100人カイギFBページより


いつも、地どれ魚直売会で「弦斎食育釣りかるた」の体験を行っていただいている小林さんも、同日講演。村井弦斎について熱い思いを語っていただきました。直売会の宣伝もありがとうございます♪