「海と山」カテゴリーアーカイブ

公民館企画。海と山を繋ぐ「海と山の探検隊」海編。本日開催。明日は山編。

2021年11月20日(土)
平塚市の海側3公民館(須賀・花水・なでしこ)と山側2公民館(土屋・吉沢)主催で、海と山を繋ぐ「海と山の探検隊」が開催されました。初日は、「海編」ということで、船に乗って相模湾周遊船とお魚捌き体験でした。

集合して、すぐに平塚の漁業について「定置網」「しらす船曳網」について少しお勉強。船に乗って出発です。
今日は、北風。波はなく非常に穏やか。快晴で、乗船日和。
平塚の魅力を満喫しよう!ということで、ビーチパーク沖から湘南平、波浪観測タワー、定置網を回って、茅ケ崎方面へ。烏帽子岩を回って平塚沖波力発電施設を沖から眺め約1時間の船旅を楽しみました。
天気が良いこともラッキーですが、今回はしらすの船が漁をしているところを見学することができました。しらす船も接近してくれ水揚げの様子を近くで見せてくれましたね。

漁港に戻ってからは、定置網朝どれ鮮魚の「サバ」をさばく体験会。
お魚サポーター「フシッチェ」さんに登場していただき、お魚捌きは簡単だ!気軽にトライしてみよう。をテーマに1家族3尾ほどさばきました。さばいた魚は各家庭で持ち帰り、料理して楽しんでもらいます。

あっという間の午前中で終了です。
今日の海編はこれでおしまい。参加者は、明日「びわ青少年の家」に行き秋のネイチャーウォークラリーと焼き芋を楽しむようです。
平塚市は、海も山もあるのでいろいろな楽しみ方ができますね。さて皆様は、どんな楽しみ方でお過ごしでしょうか?!

相模湾ネイチャーウォッチングクルーズ

2019年3月9日(土)
ひらつかタマ三郎漁港(新港)発!
相模湾ネイチャーウォッチングクルーズが開催されました。
これは、【NPO法人暮らし・つながる森里川海】が主催する湘南いきもの楽校の1つです。同NPO法人では、平塚や周辺地域で人と自然が調和したまちづくりや子たちの笑顔があふれるまちづくりの推進をと活動を進めておられます。

開催日当時は、快晴!青空広がる相模湾へ出発です。
森と海は繋がっていることを意識して、沖合から相模川河口を眺めました。 洋上にいる海鳥の観察もテーマの一つ。オオミズナギドリを期待したそうですが、出会うことができませんでした。
しかしながら、北の海に生息するウトウ2羽、カンムリカイツブリやウミアイサ、烏帽子岩で冬を越すハマシギやミユビシギの群れなどを観察することができ、一同大満足!

20190309相模湾ネイチャーウォッチングクルーズ

同NPOは、以前定置網水揚げ見学にて相模湾に数多くの魚が水揚げされ、とても豊かな自然が目の前に広がっていると話されていました。当組合も豊かな自然を利用させていただいている漁業。それらをしかっりと市民の皆さんへ届けたいと改めて感じました。

相模湾ネイチャーウォッチングクルーズを実施(^^)/

2017年12月9日(土)
FeelSHONAN!ひらつかタマ三郎漁港発!
「相模湾ネイチャーウォッチングクルーズ」が開催されました。当日、好天に恵まれ、冬場の澄んだ空気の中、素晴らしい相模湾クルーズとなりました。協力は、遊漁船「庄治郎丸」。日本野鳥の会神奈川県支部によるカンムリカイツブリなど野鳥の観察、解説をはじめ、烏帽子岩・江ノ島、そして平塚の街を海から眺めました。
平塚沖にある東京大学の平塚沖観測タワーにも接近、途中、船釣や平塚沖で行われている漁業についても勉強しました。
20171209相模湾ネイチャーウォッチングクルーズ
多くの参加者が平塚市在住でしたが、長年平塚市に住みながら、沖合から自分たちの街を眺めたのは初めて!と感動。季節が変われば、また違った側面も見れると、次回は暖かい季節に開催してほしいと要望も上がりました。
NPO法人暮らし・つながる森里川海は、「プロジェクト里海づくり」の一環として湘南の海の自然と触れ合い、自然環境の保全と海の利用促進を図ることねらって今回このクルーズを開催。当組合としても、今後こちらの団体と連携し以前平塚沖に設置した間伐材魚礁の再設置も含め検討していきたいです。
今後も海・川・山のつながりを大切にしていきたいと思います。