「ひらつかタマ三郎」タグアーカイブ

漁港のポテンシャル、あるある!?参加者の笑顔、いただきました!

2020年9月19日(土)
ひらつかタマ三郎漁港のポテンシャルを引き出すべく、漁港を使って他団体とコミュニケーションを図りながら事業を展開する取組を行いました。
従来であれば、「ひらつかタマ三郎漁港まつり」を開催しているところでしたが、今年はコロナウイルス感染症のことも配慮しながら進めました。
地元公民館との共同で開催する地引網体験や観光協会との連携で開催する周遊船は、計画/募集寸前まで行きましたが、コロナウイルス感染症の拡大もあり開催を見送ったところです。
そんな中、少しでも前へ進もうとFM湘南783の手助けもありチャレンジです。

少しわかりにくいですが、漁港内のフラットなアスファルトと漁港内にある資材という在る物を活用して、ラジコン体験。そして、漁港内の一部を網などでくくり、活かしたサバなどを放流。釣り堀の検討を行いました。どちらも天候には左右されますが、密を避けることが可能。今後も期待できます。釣り堀については、課題が多いですね~。がんばりましょう!

NPO法人暮らし・つながる森里川海「湘南いきもの楽校」海のお魚調べが行われました。今回、2部構成。
先発隊により早朝の定置網でどんなお魚が水揚げされているか、また雑魚を中心としたお魚の確保が行われました。
続きまして集合は午後の漁港。満潮を待つ漁港で当組合職員からの平塚の漁業について解説。東京大学大学院農学生命科学研究科附属水産実験所の手良村知功さんを招いて、早朝確保したお魚の観察と漁港を散策し集めた小魚などを水槽に入れて観察会が行われました。子供大人含め約30名の参加者が、漁港を覗き込み~「いきもの発見!」の声が湧き上がりました!!

子供たちの心から驚く声、輝く目。大人たちもメモを取る。いくつになっても知るということは楽しいこと。漁港にある発見に改めて気づかされました!様々なバランスを取りながら、今後もひらつかタマ三郎漁港を盛り上げて行きたいです。

湘南チャンネルに平塚漁港から鯵登場!!

2020年7月15日(水)~2020年8月14日(金)まで湘南ケーブルネットワーク「湘南チャンネル」にて絶賛放送中!

2020.7-8湘南ケーブルネットワーク平塚食べCIAO

ひらつかタマ三郎漁港(平塚漁港)」から発信!
〈平塚食べCIAO!!〉シリーズの第6回目。
海の恵みたくさんの相模湾で獲れたアジを中心!
定置網の水揚げの様子から料理まで♪
料理は、当組合のお魚PR大使として活躍するフシッチェさんにお手伝いいただきました。 もちろん、漁業PRキャラクター「ひらつかタマ三郎」くんも登場!しっかり直売会の宣伝も(^^♪
お魚食べて元気もりもり♪

上記動画は、宣伝用ユーチューブ動画です。
メイン番組はSCN湘南チャンネルにてお楽しみください♪

この番組制作は、神奈川県湘南地域県政総合センター協賛事業で、県が推進する「未病改善」の取組に同調し、地産地消による健康増進と農水産業の理解促進を目的としています。

今回も新型コロナ拡大防止対策をしての「地どれ魚直売会」終了。皆様もご協力ありがとうございました。次回は8/28(金)開催予定です。

2020年7月17日(金)
7月分「地どれ魚直売会」本日終了しました。
来週が祝日の為、1週間前倒しの開催となった今回、降っていた雨も販売時間には上がって、涼しい中で開催することができました。
今回も新型コロナウィルス感染症拡大防止対策を講じての開催となり、前回を踏まえて時差販売の導入、密を防ぐ工夫をしました。
今後も状況を見ながら改善・変更して感染拡大・トラブルのないよう運営していきたいと思います。
今回も皆さまのご理解、ご協力ありがとうございました。

そんな今回の直売会、一本釣り、定置網、しらすと揃っての販売ができました。
久しぶりにタマ三郎も出没した今日の直売会で販売されたお魚をご紹介。
★一本釣りの活魚、鮮魚
 アジ、サバ、ヒラメ、ハナダイ、ホウボウ、タチウオ、
 カサゴ など
★定置網朝どれ鮮魚
 アオアジ、サバ、ワカシ、タチウオ、コショウダイ など
★湘南しらす商品
 生しらす、釜あげしらす
★完全地場産の干物「須賀湊の開き干し
 サバミリン干し、タチウオ塩干し

平塚のシイラプロジェクトとして鳥仲商店さんからマヒマヒタルタルバーガーも数量限定販売。
ファンタステキさんは、今回も外国人の方に大人気の醤油絵皿を持ってきてくれました。

最期に次回の地どれ魚直売会のご案内。
次回の「地どれ魚直売会」は8月第4金曜日で8月28日(金)の予定です。
次回も新型コロナウィルス感染症拡大防止対策をしっかり講じて開催していきます。
また、鮮度保持、ビニール袋削減・脱プラゴミのためにもMyクーラーボックス・Myクーラーバッグを持ってお出かけください。
暑い季節ではありますが、マスクを着けてのお越しをお待ちしています。

地どれ魚ポスター20200828
地どれ魚ポスター20200828

ハマヒルガオが 咲く、しおかぜ広場を目指して

2020年7月11日(土)
ひらつかタマ三郎漁港(新港)内にある『しおかぜ広場』にてハマヒルガオの植栽を行いました。
このハマヒルガオは、平塚市観光協会の観光サポーター花グループが以前よりハマヒルガオの増殖を狙い増やしていた苗を約500株分けていただき観光サポーターのお力添えをいただき漁港に植えました。

しおかぜ広場観光協会ハマヒルガオ植栽

今回植えた苗が定着し、来年、再来年の5月頃にはハマヒルガオが咲き乱れることを期待しています。心配なのは、台風など強風で砂が飛ばされ苗が消失してしまうこと。この梅雨時期の雨で少しでも多くの苗が定着することを願います。

波の力で電気をつくる!プロジェクトをよりわかりやすく♪

当漁港では、環境省CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業を展開しています!って漢字ばっかりで難しそう~。ということでこの度、平塚市と当組合では、要するに「波の力を使って電気をつくる試験」をよりわかりやすくするための読み物を作りました!今回の実証実験での工夫されているポイントも書かれているので是非覗いてみてください。

ひらつかタマ三郎は、「だいぶわかりやすくなったなぁ~」と感想を。
これら資料は、平塚の釣り船、平塚漁港の食堂、ららぽーと湘南平塚店に配架!また、平塚市のHPからダウンロードできるので是非見て下さいませ。またこの市HPにもリンクがある↓動画ですが、これが波力発電施設を海側からそして海の中までバッチリ見ることができるのでよーくわかります。

先日、学校関係者からこれは生徒たちに環境のこと、CO2排出削減、自然エネルギーのことを考える良いきっかけになる!と反響をいただきました。今後ますます平塚漁港発!未来を担う子供たちへ 役立てていただければと感じました。

当組合としては、地球温暖化に対する取組に寄与することで豊かな漁場環境を守り、この取組通じて漁業コスト削減、漁獲物の付加価値化など、漁業者の所得向上につなげたいと考えています。また、この実証実験が実験でなく実用化となり漁港にある製氷機や冷凍庫、漁船の電動化も夢見ています♪