「須賀湊の燻し魚」カテゴリーアーカイブ

2018かながわ協同組合のつどいが開催され、須賀湊シリーズをPR!

2018年9月7日(金)13:00〜16:00
『2018かながわ協同組合のつどい』が行われました。
これは、協同組合組織のより広い交流・連帯をすすめ、県民に対する協同組合の理念発信を促進し、すみよい地域社会づくりに寄与するものとして開催。今年は、60団体220名の参加があり、日本協同組合学会会長の田中夏子氏による『地域社会の発展・維持に向けた協同組合間協同の取り組み』について講演をいただきました。
事例報告として、神奈川県漁連丸福水産生活クラブ生協が連携した取組。北都留森林組合津久井郡森林組合の県域を越えた流域連携など多数の報告が行われました。
20180907かながわ協同組合のつどい2018
第2部として、展示ブースを通じた交流が行われ、当組合の地場産にこだわった『須賀湊シリーズ(干物・燻製)』の販売を行いました。今回、神奈川県協同組合連絡協議会の愛称も『かながわCo-ネット』と決まり、今後ますます、協同組合の意義、連携を強め共に高めあっていきたいと思います。
北都留森林組合の報告では、ひらつかタマ三郎も登場♪
相模川上流と最下流との交流から川と海とのつながりを考える取組を今後も繋げていきたいと思います。

湘南ひらつか観光フェスティバル2018@ひらつか市民プラザ開催!8/30~9/4

8月30日(木)~9月4日(火)、ひらつか市民プラザでは「湘南ひらつか観光フェスティバル」が開催されます。

平塚の昔から現代にかけてパネルや写真の展示があるほか、はんこ彫り体験、平塚の名産品・特産品の販売が行われます。
当組合の完全地場産の燻製「須賀湊の燻し魚」も販売します。
ぜひお出かけください。
平塚の今と昔を知り、平塚の良いもの・良いところを見つけてみませんか?

湘南ひらつか七夕まつりでの漁業PRは無事に終了♪

2018年7月6日(金)~8日(日)にかけて開催された湘南ひらつか七夕まつり。今年は、大雨やら暑さやらいろいろな天候と向き合いながらの七夕まつりになりました。
20180706-08七夕たからいち
最終日は丸1日しっかり晴れ、なかなかの暑さ。いい汗しっかりかきながら平塚青年会議所が主催する「七夕たからいち」にてひらつかの漁業PR活動を展開させていただきました。
当漁協とFM湘南783のこらぼ団体「平塚地産地消食育研究会」は、ワカシの串揚げを中心に、サバの竜田揚げを販売。お隣の誠力丸は、塩ゆでながらみ貝を中心に販売。他地場産にこだわった燻製「須賀湊の燻し魚」(シイラ燻製&サメ燻製)も観光協会市民プラザと当テントにて、多くの方にお買い上げいただきました。
ひらつかタマ三郎くんは、テント内でどっしり座って構えておりました(笑)当組合は、お魚シートを配布しながら来場者とコミュニケーション。市内小学生は市場見学などを通し、タマ三郎や平塚漁港のことを認知してくれている様子があり、知らない方々には、猛烈にPRさせていただきました♪
テントに足を運んでいただきました皆様、お買い物をしていただきました皆様、今回初めてお会いした皆様、ありがとうございました!