「検討調査研究」カテゴリーアーカイブ

海から見た平塚!湘南ケーブルで放送中♪

(一社)平塚市観光協会と9月19日に開催で調整をしておりました、「ひらつかタマ三郎周遊船」がコロナウイルス感染症拡大を受け中心の判断をさせていただきました。こんな時だからこそ、平塚の海を船を使って気持ちよく眺めていただきたい!と思っておりましたが、なかなか難しい現状でした。

それならば!と市観光協会が地元ケーブルテレビ局「湘南ケーブルネットワーク」さんに協力を依頼、「海から見た平塚」を紹介する番組を制作することになりました。平塚の海にある魅力、ほんの一部ですがうまく紹介いただいております。
海から見る平塚の街、波浪観測タワー、定置網、お隣茅ヶ崎市の烏帽子岩、波力発電施設といった流れで紹介。

@shonan_cable 湘南チャンネル ツイッター https://twitter.com/shonan_cable/

ケーブルテレビを見れる方は是非!「ひらつかタマ三郎」くんも登場♪

放送予定は、
9月22日~9月28日
8:00~8:40/12:00~12:40/19:00~19:40ほか
湘南ケーブルテレビ 情報カフェ湘南館にて

ケーブルテレビが見れないよ~という方に朗報です。
市観光協会では、YouTubeで動画を配信する予定とのこと。
こちらも楽しみにしていてくださいね♪

波力発電施設を見学。平塚市地域水産業再生委員会

2020年9月18日(金)
平塚市地域水産業再生委員会として、設置された波力発電施設の現状を把握するため見学/視察を行いました。
当日は、風が強く漁港防波堤に波が当たり波力発電施設としても電気を生産できている状況となる予定でしたが、タイミング悪くラダー(波受け板)がメンテナンス中。という状況でした。少し残念。

穏やかな日には、発電施設橋脚部分に魚影も見えるなど、構造物があることによって魚の隠れ家?お休み処となっている様子も伺えるそうです。

漁港施設の電気をこの波力発電を利用して賄うことができたら~♪と期待するところですが、今回は実証実験ということで実際に設置して様々なデータや成果を得て、次へ繋げる段階。期待に胸を膨らませながら自然の力、エネルギーの有効活用を考えました。

20200918浜プラン波力発電施設見学

(平塚市地域水産業再生委員会)
・平塚市漁業協同組合
平塚商工会議所
(一社)平塚市観光協会
・平塚市千石自治会
・平塚市

平塚漁業新技術検討会を開催しました。

2020年7月22日(水)
漁業新技術検討会を開催いたしました。
新型コロナウイルス感染症の影響もあり、当初は4月に開催予定でしたが、感染拡大の状況を見ながらテレビ会議も併用し、ウイルス対策も取って開催いたしました。

当組合の呼びかけに、東京大学、県、市、水産関連団体、民間業者と様々なバックグラウンドをお持ちの方々集まっていただきました。

漁業新技術検討会20200722

今回のメインは、当組合からスマート漁業に対する組合の考え方として~持続可能な漁業の構築を目指して~スマート漁業導入促進プランの説明をさせていただきました。これまでの取組からこれからの取組へ産・学・官の連携による事業促進を期待し進めていきたいです。

波の力で電気をつくる!プロジェクトをよりわかりやすく♪

当漁港では、環境省CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業を展開しています!って漢字ばっかりで難しそう~。ということでこの度、平塚市と当組合では、要するに「波の力を使って電気をつくる試験」をよりわかりやすくするための読み物を作りました!今回の実証実験での工夫されているポイントも書かれているので是非覗いてみてください。

ひらつかタマ三郎は、「だいぶわかりやすくなったなぁ~」と感想を。
これら資料は、平塚の釣り船、平塚漁港の食堂、ららぽーと湘南平塚店に配架!また、平塚市のHPからダウンロードできるので是非見て下さいませ。またこの市HPにもリンクがある↓動画ですが、これが波力発電施設を海側からそして海の中までバッチリ見ることができるのでよーくわかります。

先日、学校関係者からこれは生徒たちに環境のこと、CO2排出削減、自然エネルギーのことを考える良いきっかけになる!と反響をいただきました。今後ますます平塚漁港発!未来を担う子供たちへ 役立てていただければと感じました。

当組合としては、地球温暖化に対する取組に寄与することで豊かな漁場環境を守り、この取組通じて漁業コスト削減、漁獲物の付加価値化など、漁業者の所得向上につなげたいと考えています。また、この実証実験が実験でなく実用化となり漁港にある製氷機や冷凍庫、漁船の電動化も夢見ています♪

汐線ハマグリを放流しました!

2020年5月15日(金)
平塚海岸沿岸に「はまぐり」を放流しました。
毎年、少量ではありますが、2012年からコツコツ取組んでいる事業で、今年で9回目となります。
今年実施した海底耕耘事業でも、はまぐりの姿も確認でき子返しに期待しているところです。2月に実施した採捕試験では、大漁とは行きませんでしたが、生息の確認はできております。

はまぐり放流2020

放流には(公財)相模湾水産振興事業団さんよりご支援もいただき合計約2000個を地先にまきました。
海岸ではまぐりを見つけた際は、逃がしてください。よろしくお願いします。