「事故防止(水難救済会)」カテゴリーアーカイブ

水難事故防止。特に今年は注意して水辺を利用しましょう!

2020年夏は、新型コロナウイルス感染症の影響によって、神奈川県内全ての海水浴場が開設されないことが決まり、十分な安全対策が確保されていないことが話題になっています。

万が一に備えて、神奈川県と公益財団法人日本ライフセービング協会は包括協定を締結するなどの様々な対策を講じていますが、今年は特に注意をして行動する必要があります。

遊泳はお控えください

当救難所として「海・川・浜」で事故防止は常に願うこと。少しでも多くの方に今年は、いつもある海水浴場が無く、それに伴い様々なマリンスポーツ等が混在する可能性が高いこと。また、海水浴場に限ったことではありませんが、海・川・浜では、船・水上バイクや釣り、マリンスポーツなど様々な目的を持った利用者が多いところ。互いの存在を理解し事故トラブルなど無いよう留意をと周知させていただきます。

コロナウイルス感染症を警戒した状態で迎えざる得ない今、神奈川県は、海岸における水難事故防止等に向けた取組を推進、安全・安心な海岸づくりの実現を図ること目指しライフセービング協会と連携し様々な取組を進めています。平塚海岸でも海水浴場が設置されていた『湘南ひらつかビーチパーク前の海岸』でもライフセーバーのパトロールも検討されているようですが、海水浴場の設置がされていない状況は変わりません。遊泳を控える、これを機会に水辺での事故防止や利用についても考える良い機会となればと願います。

(自宅で家族で水辺の事故を考える)
公益財団法人日本ライフセービング協会では、子どもたちに、海岸での水難事故防止へ向けた心構えや、安全のための知識と技能を身に付けて欲しいと、協会ホームページにて教材をUPしています。大人たちにも非常にわかりやすい内容になっています。一見の価値ありだと思います!

日本ライフセービング協会 守ろう!いのち、学び合おう!水辺の教室。→https://elearning.jla-lifesaving.or.jp/

(各水辺の利用者が事故防止のために)
水辺の様々なマリンスポーツなど事故防止についてはこちら↓
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/info/marinesafety/jikotaisaku.html
海上保安庁 海の事故防止対策、役に立ちます!

水上パトロールは延期。引き続きの普及啓発活動をしていきます。

毎年、5月頃を目安に実施していた
神奈川県水難救済会の水上パトロールを延期することと致しました。

例年の水上パトロールの様子

このパトロールは、平成13年に作成した「平塚」海・川・浜のルールブックの普及啓発を図り、事故防止とマリンレジャーを行う人々に対しルールやマナーを呼びかける活動として実施してきたところです。

本日現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため緊急事態宣言が発出されマリンレジャー等においても自粛されている方が多いと思いますが、新型コロナウイルス感染症拡大がおさまり、気候も良いと多くの方々水辺に癒しを求め利用されることも予想されます。よって、当会としては、引き続きのルールとマナーの普及啓発を関係各団体等に依頼しました。

関係機関
(関係行政機関)
国土交通省京浜河川事務所相模出張所・海上保安庁湘南海上保安署平塚警察署平塚市消防署(海岸出張所、消防水難救助隊)・平塚市(農水産課・みどり公園水辺課)
(企業・団体)
片倉ボートマリーナリバーポートマリーナ湘南マリーナオートスワップ湘南マリーナコグレマリンサービスPW安全協会日本サーフィン連盟湘南西支部湘南ひらつかビーチクラブ(ライフセービング部会)K38JAPAN・はせ川釣具店・浦田釣具店・かめや釣具平塚フィッシャリーナミニボートクラブ・平塚海岸魅力促進共同事業体(湘南ひらつかビーチセンター指定管理者)
(漁業関係団体)
平塚市漁業協同組合

湘南ひらつかビーチパークは本日海開き!オープニングイベントおよび安全祈願祭が行われました。

2019年7月13日(土)
湘南ひらつかビーチパークは今日が海開き!
まだまだ梅雨も明けておらず、どんより曇り空ではありましたが海水浴場のオープニング式典などが行われました。
式典に先立ち神奈川県水難救済会平塚救難所として、地元の三嶋神社の 宮司さんをお招きしての安全祈願祭を行い、今年の海の安全を祈念しました。
オープニング式典ののちには救助訓練も行われました。
暑い夏の海が待ち遠しいですが、皆さんも海の事故には気を付けましょう。

水難救済会:地元ライフセーバーへ器材を提供!

当漁協は、水難救済会平塚救難所として
地元サーフィン連盟、ボートショップ、湘南ひらつかビーチクラブやライフセーバーと連携し、相模川や河口、海岸での事故防止を普及啓発しております。

水難救済会平塚救難所ライフセービングクラブへ

この度、湘南ひらつかライフセービングクラブへレスキュー器材である、レスキューチューブを寄贈しました。これからの季節、特に水辺に近づくことが多い時期です。また海水浴場を中心としたパトロール活動にも力が入ります。地元東海大学湘南校舎の学生たちが中心となり、事故が起きないよう、声かけなどを積極的に行うライフセーバーへ当会所長から贈呈させていただきました!

水難救済会:海の安全教室2019太洋中学を開催!海保、ライフセーバーと

2019年6月25日(火)
神奈川県水難救済会平塚救難所として、地元平塚市立太洋中学2年生、125名を対象に「海の安全教室」を開催しました。
湘南海上保安署保安官・湘南ひらつかライフセービングクラブのメンバーに講師となっていただき心肺蘇生法の体験を実施です。

20190625海の安全教室 水難救済会

湘南ひらつかライフセービングクラブに所属するメンバーの多くは、地元東海大学湘南校舎の学生たち。学生たちの熱心な講義に、中学生たちも真剣な眼差しで話を聞いて、体験に参加してくれました。
海上保安官とライフセーバーから水辺の安全に関する注意事項も伝授され、これから水辺に近づくことが多くなる季節、7月、8月に10代の水難事故が多い傾向があるなど注意喚起もされました。 海のもしもは、118番!