相模湾ネイチャーウォッチングクルーズ

2019年3月9日(土)
ひらつかタマ三郎漁港(新港)発!
相模湾ネイチャーウォッチングクルーズが開催されました。
これは、【NPO法人暮らし・つながる森里川海】が主催する湘南いきもの楽校の1つです。同NPO法人では、平塚や周辺地域で人と自然が調和したまちづくりや子たちの笑顔があふれるまちづくりの推進をと活動を進めておられます。

開催日当時は、快晴!青空広がる相模湾へ出発です。
森と海は繋がっていることを意識して、沖合から相模川河口を眺めました。 洋上にいる海鳥の観察もテーマの一つ。オオミズナギドリを期待したそうですが、出会うことができませんでした。
しかしながら、北の海に生息するウトウ2羽、カンムリカイツブリやウミアイサ、烏帽子岩で冬を越すハマシギやミユビシギの群れなどを観察することができ、一同大満足!

20190309相模湾ネイチャーウォッチングクルーズ

同NPOは、以前定置網水揚げ見学にて相模湾に数多くの魚が水揚げされ、とても豊かな自然が目の前に広がっていると話されていました。当組合も豊かな自然を利用させていただいている漁業。それらをしかっりと市民の皆さんへ届けたいと改めて感じました。

今期4回目の海底耕耘を行いました

2019年3月25日(月)
今期4回目の海底耕耘を行いました。
豊かな漁場になることをめざし、海底を耕すことで漁場を改良、海底のゴミも回収、さらには地先の生物資源の調査も兼ねたこの事業、今日は定置網「日海丸」の船を使用して平塚沖ヘッドランド周辺を約2時間耕耘しました。
途中でロープが切れてしまうハプニングもありましたが、穏やかな天気、海況の状態で実施できました。
今期はあと2回実施予定です。

沖釣大会は、シロギスからアマダイへ♪

これまで39回の歴史を重ねてきた沖釣り大会は、シロギスを対象として開催してきました。近年の海の状況等を鑑み、次の40回目から【アマダイ】を対象とすることになりました!

アマダイ沖釣り大会は、2019年12月初旬を開催予定として現在調整中です。日程が近くなりましたらお知らせいたします。皆様のご参加をお待ちしております。

201901アマダイ釣り試験

さて
こちらの写真は、今年の2019年1月に試験的にアマダイ釣りを行った際の様子です。試験ということで、釣りに慣れた方から本当に釣りに縁がなかったビギナー、年配の方、若い方と幅広く参加いただき開催しました。その結果。。。。。

ビギナーの方が釣れてました!!!しかも大きいアマダイちゃんです。これは釣り大会としては、盛り上がる結果です。ビギナーでも上位に、商品をGETできる圏内に入れる可能性があるということ。
他、本命のアマダイに対して、それ以外のお魚を外道と言われ残念がられますが、この季節の外道は残念がる心配がございません!アマダイ以外もおいしいと評判の高いお魚が顔を見せましたよ♪皆様楽しみにしていてくださいね。

春の陽気♪地どれ魚直売会3月!開催できました~

2019年3月22日(金)
春の陽気万歳!
今日も地どれ魚直売会を開催することができました。

地どれ魚直売会201903‐2

気温が暖かくなってきたので、海の調子もあがってくることを毎日期待していますが、定置網の漁模様はいい感じとは言えない状況が続いており今日、お休み。
当漁港には一本釣り!しらす漁、刺し網漁がある!ということでベストを尽くして直売会を開催しました。

地どれ魚直売会201903‐1

次回は、4月26日(金)開催予定です。4月分の直売会は延期無しです。(翌週がGWのため)
http://www.jf-hiratsuka.org/jidoresakana
1発勝負となります。たくさんのお魚が漁港に集まること一緒に祈っていただけると嬉しいです♪

地どれ魚直売会201903‐3

かながわブランドモニター交流会に参加してきました!

2019年3月18日(月)
かながわブランドモニター交流会が行われ、神奈川県しらす船曳網連絡協議会&平塚市漁協として参加してきました。
かながわブランド振興協議会(事務局:JA神奈川県中央会)では、かながわブランドを広く多くの方々に知ってもらい利用してもらおうと様々な取り組みを行なっておられます。
今回はその一つである『かながわブランドモニター』(発信力のある県内の野菜ソムリエ、料理研究家)と今年度訪問した生産地関係者との交流会が行われました。当漁港には、昨年10月に来訪いただき、かながわブランドにも認定されている『湘南しらす』の生産加工現場と平塚の漁業、6次産業化の取り組みについて視察いただきました。

かながわブランド 湘南しらす

研修会のあとは、地元生産者と二人三脚で作る健康的で美味しい料理が人気の『アッシュ×エム』(平塚市夕陽ケ丘)にて交流会が行われました。湘南しらすや地場産の野菜も使った数々の料理、社会福祉法人進和学園のトマトジュースで乾杯!米の食味ランキングで特Aをとった地元のお米『はるみ』をつかった焼酎の試飲もあり交流会は賑やかになりました。
野菜ソムリエや料理研究家のみなさんは、非常に熱心で漁業や農業、畜産関係者と話が盛り上がっていました。ワインや日本酒に精通した方もおられ、素材をより活かし、美味しく食事することなど私たちの生活をより豊かにするヒントがたくさんありました。

神奈川県しらす船曳網連絡協議会
https://sea.ap.teacup.com/sirasu/
かながわブランド振興協議会
http://kanasan-no-hatake.jp/brand/outline.html
かなさんの畑
http://kanasan-no-hatake.jp/index.html
かながわブランドサポート店
http://kanasan-no-hatake.jp/s…/support_shop/index_store.html