「漁業体験」カテゴリーアーカイブ

CO2吸収に期待!ワカメの種付け体験会を実施しました。最後は美味しくいただきましょう!

2022年12月27日(火)
ワカメの種付け体験会を実施しました。
今年は、漁業関係者のみではなく、一般の方々も巻き込んでワカメの種付けを実施したい!そう思っていました。しかし、タイミングが難しく、最終的にワカメの種付け日が決まったのが先週(汗)
今年は、水温が高く早めにつけてしまうと、成長が悪いこととアイゴなどによる食害にあいやすいということで、様子を見ていました。そんな中、急遽決まった日程にも関わらず、お魚サポーター「フシッチェ」さんのご協力もありワカメ種付け体験会の開催ができました!

ワカメの種付け体験の前に、ワカメの増殖がなぜ、地球温暖化を緩和することに貢献するかをわかりやすく、フシッチェさんがクイズを出してくれました。ワカメが成長して増えることで、二酸化炭素を海中で吸収してくれるブルーカーボンの役割を果たしてくれます。

ロープにワカメ種をみんなで手際良く付けて行きます。つけ方が悪いと、海の中に入れた時にワカメ種が外れてどこかへ行ってしまうので、しっかりとロープに取り付けます。

取り付けたワカメは、午後から海の中へ
当漁協では、参加者の皆さんへ途中経過も報告したいと思っています。設置したワカメは、日ごとにどんどん成長して3月になると収穫時期を迎えます。設置して成長を見守り、二酸化炭素をたくさん吸収してもらい、最後はしっかりと美味しく頂きたいと思います。ワカメさん、海の中で頑張ってね!

今年もご依頼いただきました。平塚市社会福祉協議会、お楽しみ交流会:地引網体験

2022年6月4日(土)
平塚市社会福祉協議会主催の地引網体験を実施しました!

快晴、海も静かな地引網日和♪
みんなで、平塚の海を丸ごと引っ張れ!と思いっきり地引網。
当組合の地引網は、すべて人力。今回も多くの方々が平塚海岸に集まって、海との綱引きを楽しんでくれました。お魚は、ヒラメ、ヒイラギ、カンパチの子供、コノシロなどなど。このほか、定置網の漁師さんから調達した朝どれ鮮魚 太刀魚、小イサキ、ホウボウ、サバ、イシモチ、シュモクザメやエイも。平塚で獲れる様々なお魚を紹介、観察してもらいました。

網には、海藻やプラごみも。
網をひっぱり、海底のごみ拾い活動にもご参加いただきました(汗)海洋プラスチックの問題についても、触れさせていただき「ゴミはどこからやってくるのか」についても子供たちとも考えました。
海藻からは、この海藻君が二酸化炭素を吸収してくれているんだよ!と。ブルーカーボンの話題まで盛りだくさん。

平塚海岸を丸ごと引っ張り、地引網を満喫いただきました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

海のお仕事プログラム実施!平塚沖のお魚調査隊。いこーよ✕海のお仕事図鑑✕海と日本プロジェクト✕ひらつかタマ三郎漁港

2021年11月3日(水・祝)
子どもとお出かけ情報サイトの「いこーよ」さん運営、日本財団「海と日本PROJECT海のお仕事図鑑企画にて、ひらつかタマ三郎漁港を舞台に、海のお仕事体験イベントを実施しました。

20211103いこーよ海のお仕事体験1

参加者は、釣船庄三郎丸さんに集合。まずは、平塚の漁業を知ろうということで、平塚の漁業についてお勉強♪合わせて、遊漁船業の前身となった「カツオの一本釣り漁」についても触れ、漁師さんから一本釣りの漁法について、指導を受けました。

20211103いこーよ海のお仕事体験2

漁場についたら、実践です。針にエサをつけ、糸を垂らし漁スタート!指導役の漁師さんの指示を受けながら、お魚の群れがいる場所に仕掛けを持って行きます。参加の小学生たちは、海の仕事の1つとして、一本釣りの漁師としてやる気満々でした。

20211103いこーよ海のお仕事体験3

小学生たちは、次々にアジ、サバ、ソウダカツオなど釣り上げていきます。中には、「平塚のシイラ」のシイラちゃんを釣り上げた参加者も。

20211103いこーよ海のお仕事体験4

お仕事終了後は、報告書作成。今日の学びや実践をまとめます。
最後には、参加者同士の名刺交換会♪
しっかり働いたら、報酬を受け取って終了です!
報酬は、みんな釣り上げたお魚たちと「漁港周辺のお店で使える金券」。自分たちで手に入れた報酬で、お父さんやお母さんたちに新鮮な魚をふるまったり、須賀さんぽでお買い物をしてあげてね。