「平塚のシイラ」タグアーカイブ

港小学校生徒たちがシイラプロジェクトをPRする動画を完成!漁協に見せに来てくれました♪

2021年2月26日(金)
漁港に一番近い小学校『港小学校』5年生の生徒たちが、前回漁協や漁業者、鳥仲商店さんにインタビューを実施。それを編集して平塚のシイラプロジェクトを応援する動画を作ったので見てほしい💪‼ とまたまた来てくれました。

20210226港小シイラ動画完成

動画をお見せすることが出来ないのが残念なくらい、その出来栄えは想像をはるかに超えたものでした😮 あのTV番組「プロジェクトX」風なテイストで 動画タイトルは「プロジェクトS」(※シイラのSとのこと)
TV番組風なので、途中オリジナルCMがちゃんと流れるのですが、そのすべてが鳥仲商店さんで作っていただいているシイラ商品のCMになっているんです。再現VTRやシイラプロジェクトの進捗を説明する動画なども生徒たちが演出😭。すごく工夫されていました。

制作した動画は、学校内や関係者で視聴・拡散🥰とのことでした。この動画を見てより多くの人がシイラのことを知ったり、食べてみたいと思ってくれたりとシイラの輪が益々大きくなる気がしました。小学生が自分たちで調べ、学び、そしてみんなで力を合わせて表現、完成させてくれました。熱心な先生、理解のある学校関係者、関わった生徒たち。皆さんに感謝です。コロナ禍で様々な活動に制限や工夫が必要な状況ですが、今回の件は間違いなく漁協や漁業者に力を与えてくれることにつながります。本当にありがとうございました。

20210226港小学校シイラプロお手紙
生徒たちからのお礼と感想、思いのつまった手紙。こちらこそプロジェクトに関わってくれてありがとうございます!!

港小学校生徒たちがシイラプロジェクトをまたまた調べに来てくれました♪

2021年1月22日(金)
漁港に一番近い小学校『港小学校』5年生の生徒たちが、前回に引き続きシイラプロジェクトについてインタビューに来てくれました。今回のターゲットは、定置網の漁師さん!

前回、2020年12月に来てくれた後、生徒たちはプロジェクト応援団として、ドキュメント番組を作ろうと盛り上がったそうです。実際に魚を獲っている漁師さんに話を聞いたり、シイラを使ったお惣菜も食べてみたい!と。市内では黒部丘にある『鳥仲商店』にてマヒマヒタルタルバーガーとしてシイラを食べることができることを知って、親におねだりをした子もいるとか。

20210122港小学校5年生シイラについてインタビュー

こんなに熱心に地元の漁業や地元で獲れるお魚興味を持って調べてくれるなんて、本当に嬉しいです!コロナ禍で学校も社会もいろいろと気をつかったり制約が多い部分がありますが、対策・状況をみて動いていただきとても感謝。楽しみにしてくれていた子供たちも多く、元気をたくさんもらいました♪

港小学校生徒たちがシイラプロジェクトを調べに来てくれました!

2020年12月10日(木)
漁港に一番近い小学校『港小学校』5年生の生徒たちが、なんで平塚市漁協は、ひらつかのシイラプロジェクトを展開しているのだろう?と疑問に思い、担当職員に質問に来てくれました。

プロジェクト立ち上げの経緯や関係者の思いなど質問攻めに(汗)
クラス内での意見交換では、私たちでシイラプロジェクト応援団になって、ひらつかのシイラを盛り上げたい♪という声も上がったそうです。当組合としては、非常に嬉しい声!使える物はどんどん提供するので是非お願いしたいとお話をしました。

プロジェクトとしては、まだ進行中。
思いがけない助っ人に、当組合としても心強いエールをいただきました。これまで教育機関と言えば、平塚商業高校(現平塚農商業高校)さんにもシイラのこと応援していただいたことがありましたが、小学生たちは、どんな形で応援していただけるか楽しみです!