「須賀〆とと」カテゴリーアーカイブ

須賀締めとと、ブランド魚のトレーニング兼課題解決へ

昨日2月9日(火)「須賀〆とと」のトレーニング兼試験を行いました。
以前より平塚のブランド魚を目指し、実施&課題解決を繰り返している須賀〆ととですが、県水産技術センターの指導も受けながら締め方や輸送など確認と試験を行いました。
20160209須賀締めとと課題解決
日進月歩、可能性と手応えを感じております!

須賀〆とと、試験研究

平塚のスペシャルブランド魚確立を目指し「須賀〆とと」の試験、研究を進めています。
市内飲食店にご協力頂き、処理したお魚の分析、料理法などアドバイス頂きました。
今回は以前タマ三郎が東京進出した際に(過去の記事はこちら
お世話になったDGfish&shellfishさんのお力をお借りしようと相談に行きました。
201512須賀締めとと
神奈川県水産技術センターの臼井研究員にも同席頂き、今後の試験研究と開発についてご指導頂きました。
DGfish&shellfish打合せ
うまく行けば都内で唯一、須賀締めととが堪能できるお店になるかも!?処理や搬送など課題は多いですが、組合の未来に繋がる可能性を信じトライしていきます!

ウエカツさんを講師に招いての勉強会!

2013年2月1日(金)地どれ魚直売会終了後、水産庁の上田勝彦氏を平塚漁港に招いて活け締め勉強会を行いましたyajirusi2.gif
日頃水揚げしている魚の真価追究と活け締め技術を習得a10.gifするため定置網漁業者はじめ、刺し網から遊漁船までみんなでお勉強タイムですte1.gif
20130201ウエカツさん活締め勉強会
上田氏は簡単に活け締めをデモンストレーションa12.gif
しかし、実際にやってみると「あれれhatena03.gif
これはまだまだ修行が必要ですicon_mrgreen.gif

目指せブランド化!須賀締めとと研究中

平塚の魚をブランド魚へ、当組合では「須賀〆とと」を研究しています
本日も、神奈川県水産技術センターさん地元飲食店「いしけん」さん、地元飲食店「あじさと」(平塚市宝町12-1)のアドバイスを参考に研究中です。

まだまだ課題も多いですが、美味しい魚をお届けできるよう、研究を続けていきます。