新型コロナウィルス感染症の発生をうけ、2月、3月の「地どれ魚直売会」は中止いたします

泳ぐ魚に出会えとれたての活きた魚を買える「地どれ魚直売会
2月28日(金)15時より開催予定でしたが、今般の国内における新型コロナウイルス感染症の発生を受け、3月の開催も合わせ中止を決定いたしました。
非常に残念ではありますが、ご了承ください。
なお、4月以降の開催につきましては状況を見て判断し、改めてご案内をいたします。
事態の早期終息を願いつつ、次回開催時のたくさんの皆様のお越しをお待ちしております。

202002/03分地どれ魚直売会中止のお知らせ画像

大井町四季の里まつりにて平塚の魚をPR&サバの串揚げを販売をしてきました

2020年2月23日(日)
神奈川県大井町にある「四季の里 春まつり」が行われ、FM湘南ナパサとのコラボ企画「平塚地産地消食育研究会」として平塚のサバを使った「地魚串揚げ」を販売、平塚のお魚をPRしてきました。
平塚の漁業をPRとなれば「ひらつかタマ三郎」も現場に登場!
この日はお天気も良く、富士山もくっきり、早咲きの桜も咲いて春を感じる温かい陽気でした。
四季の里は大井町の地場産の農産物が販売されている施設ですが、今日のイベントでは飲食物の販売のほか、芸人さんによるお笑いショーやシャボン玉ショー、音楽ステージなども行われ、大人も子供も楽しく過ごせるイベントでした。

今日も定置網の水揚げ量は少なく、JAあつぎ夢未市への鮮魚出荷はお休みです。

おはようございます。
2月25日(火)
定置網朝どれ鮮魚出荷情報ですが、今日も定置網の水揚げ量が少なく出荷できる魚が確保できなかったため、JAあつぎ夢未市への鮮魚出荷はお休みです。
鮮魚出荷できない日が続いていますが、また次回の出荷にご期待ください。
なお、定置網「日海丸」は引き続き休漁中のため、JA湘南あさつゆ広場への鮮魚出荷もお休みです。

先日設置の波力発電、組合員及び関係者向け事前説明

2020年2月20日(木)
先日、2月5日にひらつかタマ三郎漁港(新港)南側岸壁に到着設置された波力発電の漁業組合員向け説明会が開催され参加。発電装置到着後、電気工事などを終え着々と工事が進んでいる様子。工事の進捗状況や波力発電の安全性、機能、今後期待されることなど東京大学生産技術研究所から説明を受けました。

国内では、岩手県久慈にある1号機についで2つ目の波力発電装置。今回当漁港で行われる実験のテーマや2号機を経て3号機へ期待すること、そして波力発電を自然エネルギーとして国内に展開するねらいなどここ平塚で行われている実験の意義を理解しました。島国日本、打ち寄せる波の力を利用して生活に役立てようというシンプルな考え、これを実現するために東京大学を中心とした国内様々な企業や団体が知恵を出し取り組みを進めていることが実感しました。不安定だが強い波のエネルギーを使うことには工夫が必要とのことそれをうまくコントロールして活用できれば、海洋エネルギーの未来は明るいです。

なお、波力発電が設置されている場所は洋上につき危険を伴うため関係者以外立入禁止となっております。今回は関係者向け説明として、安全を確保し立入りをしています。許可の立入りは禁止されておりますので、ご了承お願いいたします。

はまぐり採捕、そして出荷できるかな!?

2020年2月20日(木)
汐線ハマグリを採捕し直売会などで販売できないかと平塚沖でハマグリの採捕を行いました。当組合では、毎年5月にはまぐりの子供を海岸に放流し循環を期待しているところです。今回、湘南はまぐりのブランド化に取り組む、藤沢市漁協からアドバイスをもらってトライしてみました。

20200220はまぐり試験操業

結果は、、、
ちょっとイマイチでした。はまぐりの姿は確認できたものの、出荷販売できるほどの量ではありません。もう少しトライしてみたいところです。それから、今後の展開を見定めたいと思います。

なお、藤沢市漁協では、
直売所にて販売が行われています。↓神奈川県のHP
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ph7/cnt/f7631/p1160579.html

2/28.3/27開催予定だった地どれ魚直売会は新型コロナウイルス感染症拡大を受け中止としました。詳しくは↓HP内をご確認ください。