「地どれ魚直売会」本日開催決定!今回もコロナウィルス対策を講じての開催します。

おはようございます!
本日9月25日(金)「地どれ魚直売会
ひらつかタマ三郎漁港(平塚新港)荷捌き施設にて開催決定!!

【只今のお魚情報】
・一本釣りのとれたて活魚・鮮魚
イナダ、カンパチ など(現在も操業中)
・定置網朝どれ鮮魚
サバ、イナダ、アオアジ、タチウオ など
・湘南しらす
しらす干し
・完全地場産の干物「須賀湊の開き干し
サバミリン干し、アブラッコ丸干し
その他
地サバを平塚茅ヶ崎魚市場が加工した地場産「シメサバ」

一本釣りは現在も操業中で魚種も増える可能性もありますが、今日は釣果が芳しくなく少な目になる可能性があります。

また、新型コロナウイルス感染症対策として
・13:30より整理券配布
・鮮魚活魚しらす以外は14:00から販売
・定置網の鮮魚/湘南しらすについては、14:45を目安に販売
・一本釣り/活魚コーナーは15:00から販売
の密を避ける時差販売の取り組みを行います。
(状況によって時間の変更があります)

その他、取り組みの詳細も含め、以下のページをご確認いただき、お出かけください。
http://www.jf-hiratsuka.org/jidoresakana

また、7月からレジ袋の有料義務化も始まっています。
ビニール袋削減、脱プラゴミ、鮮度保持のためにもMYクーラーボックス・MYクーラバッグ等を持ってお出かけください。
皆様のお越しをお待ちしております 。

夢未市へ定置網朝どれ鮮魚出荷、あさつゆ広場への出荷はお休みです。

おはようございます。
9月25日(金)
お魚出荷情報です。
JAあつぎ夢未市では火曜・金曜がお魚の日ということで、今日は定置網「川長三晃丸」の朝どれ鮮魚の対面販売を行います。
なお、定置網「日海丸」の水揚げで出荷できる魚が確保できなかったため、JA湘南あさつゆ広場への鮮魚出荷はお休みです。
今日の出荷商品はこちら↓

JAあつぎ夢未市
★定置網朝どれ鮮魚
 サバ、タチウオ、イナダ、ミズカマス、モクアジ、スルメイカなど
 (合計60kg分ほど)
 出荷者:川長三晃丸

JA湘南あさつゆ広場
★定置網朝どれ鮮魚
 出荷なし

お買い物の際にはマスク等で新型コロナウィルス対策をしっかりしてお出かけください。

JAあつぎ夢未市 写真

定置網の水揚げで出荷できる魚が確保できず、JA湘南あさつゆ広場への定置網朝どれ鮮魚出荷はお休みです。

おはようございます。
9月24日(木)
定置網朝どれ鮮魚出荷情報
今日は台風の影響が心配されたものの、定置網「日海丸」の水揚げはできたのですが、出荷できる魚が確保できず、JA湘南あさつゆ広場への出荷はお休みです。
また明日の出荷にご期待くださいませ。

タマ三郎がっくり 出荷できず

JA直売所(あさつゆ広場・夢未市)へ定置網朝どれ鮮魚出荷できませんでした。また次回出荷にご期待を!

おはようございます。
9月22日(火・祝)
お魚出荷情報です。
JAあつぎ夢未市では火曜・金曜がお魚の日ですが、今日は定置網「川長三晃丸」の水揚げ作業が非常に時間がかかっており、出荷対応ができなかったため対面販売はお休みです。
また、定置網「日海丸」では出荷できる魚が確保できなかったため、JA湘南あさつゆ広場もあわせ鮮魚出荷お休みです。
また次回の出荷にご期待ください。

漁港のポテンシャル、あるある!?参加者の笑顔、いただきました!

2020年9月19日(土)
ひらつかタマ三郎漁港のポテンシャルを引き出すべく、漁港を使って他団体とコミュニケーションを図りながら事業を展開する取組を行いました。
従来であれば、「ひらつかタマ三郎漁港まつり」を開催しているところでしたが、今年はコロナウイルス感染症のことも配慮しながら進めました。
地元公民館との共同で開催する地引網体験や観光協会との連携で開催する周遊船は、計画/募集寸前まで行きましたが、コロナウイルス感染症の拡大もあり開催を見送ったところです。
そんな中、少しでも前へ進もうとFM湘南783の手助けもありチャレンジです。

少しわかりにくいですが、漁港内のフラットなアスファルトと漁港内にある資材という在る物を活用して、ラジコン体験。そして、漁港内の一部を網などでくくり、活かしたサバなどを放流。釣り堀の検討を行いました。どちらも天候には左右されますが、密を避けることが可能。今後も期待できます。釣り堀については、課題が多いですね~。がんばりましょう!

NPO法人暮らし・つながる森里川海「湘南いきもの楽校」海のお魚調べが行われました。今回、2部構成。
先発隊により早朝の定置網でどんなお魚が水揚げされているか、また雑魚を中心としたお魚の確保が行われました。
続きまして集合は午後の漁港。満潮を待つ漁港で当組合職員からの平塚の漁業について解説。東京大学大学院農学生命科学研究科附属水産実験所の手良村知功さんを招いて、早朝確保したお魚の観察と漁港を散策し集めた小魚などを水槽に入れて観察会が行われました。子供大人含め約30名の参加者が、漁港を覗き込み~「いきもの発見!」の声が湧き上がりました!!

子供たちの心から驚く声、輝く目。大人たちもメモを取る。いくつになっても知るということは楽しいこと。漁港にある発見に改めて気づかされました!様々なバランスを取りながら、今後もひらつかタマ三郎漁港を盛り上げて行きたいです。

本日9/25、地どれ魚直売会 開催致します。詳しくは↓HP内をご確認ください。