湯河原吉浜で津波対策訓練に参加

神奈川県主催の合同津波訓練が湯河原の吉浜にて行われ、
当救難所の磯崎晴一副救難所長が参加しました。

県西部地震の発生を想定して、関係各機関の相互連携の強化等を図るため、
地元自主防災組織やライフセーバー、消防、警察、自衛隊、
第三管区海上保安本部、神奈川県水難救済会など約30機関の参加、
協力を得て、訓練が行われました。

神奈川県水難救済会は、
海上保安庁と協力し、真鶴救難所と福浦救難所が船を出し、
沖に流された遊泳者を救助する訓練を実施しました。
救助された溺者は、沖合で海上保安庁の船へ引き継がれ、
海上保安庁のヘリコプターにより搬送されました。
災害は起きないことがベストですが、
起きてしまった際関係機関とうまく連携をとり早期解決できるよう
最善を尽くすことが大切だと改めて感じさせれらました。