JA直売所への鮮魚出荷はお休み。夢未市での「塩茹でながらみ貝」の販売もお休みです。

おはようございます。
1月15日(火)
今日のお魚出荷情報です。
JAあつぎ夢未市では火曜と金曜はお魚の日!ですが、今日も定置網の水揚げ量が少なく、出荷できる魚が確保できなかったため、JA湘南あさつゆ広場も含め鮮魚出荷はお休みです。
また、夢未市での「塩ゆでナガラミ貝」の販売もお休みいたします。
また次回の出荷にご期待くださいませ。

新春!神奈川県漁業者交流大会♪

2019年1月10日(木)
新春 神奈川県漁業者交流大会が開催され参加してきました。今年も新たに2名の青年漁業士、1名の指導漁業士が誕生しました。活動発表では横浜市漁協柴支所より横浜ベイサイドマリーナにおけるアマモ場造成について発表があり、漁業の傍ら豊かな浅場、アマモ場造成の取組を市民団体など手を取り合い展開している活発な活動発表がありました。

20190110神奈川県漁業者交流大会

話題提供として、神奈川県立生命の星・地球博物館の佐藤武宏さんから『神奈川の海』は海岸の環境が多様であることから、生物多様性が高いことがあげられ、そこをフィールドとして漁業を営む漁業者にエールを送っていただきました。当組合も海底耕うん事業や生物のことなどわからないことを気軽に相談させていただき良い関係を築かせていただいております。
もう一つ話題提供として、横浜丸魚株式会社齋藤 融さんからは、『かながわの魚』を扱っていることを消費者へ発信する取組「ハマの市場は楽しい」の話題提供がありました。横浜丸魚さんは、当組合の漁業者、市場とも関わりが深く、定置網で獲れたお魚を出荷させていただいております。通称『おっかけ』と呼ばれ、当日朝どれのお魚が横浜中央卸売市場本場に並ぶので多くの仲卸が期待して待ってくれています。市場なので各地様々なお魚が集まる場所ですが、近年特に力を入れているプロジェクトとして『かながわの魚 』をPRするキャンペーンを展開!また毎月、消費者を市場に招き楽しんでもらうイベントや『かながわの魚』を積極的に扱うお店の取材チラシの作成、お店をまとめたぐるなびサイトを立ち上げるなど多角的に取り組みを進められています。課題の低未利用魚に対する取り組みも行われており、当漁港で獲れたサバを使った魚食普及活動も行われています。季刊誌『横濱』(神奈川新聞社・横浜市協働編集)横濱市場特集も大好評。これら活動は、見習うところたくさん、新年早々たくさんの刺激をいただきました。

季刊誌横濱横濱市場特集

今日も定置網の水揚げ量が少なく、あさつゆ広場への鮮魚出荷はお休み。また次回の出荷にご期待を!

おはようございます。
1月12日(土)
定置網朝どれ鮮魚出荷情報ですが、今日も水揚げ量が少なく出荷できる魚が確保できなかったため、JA湘南あさつゆ広場への鮮魚出荷はお休みです。
また次回の出荷にご期待ください 。
インフルエンザが流行してきています。
体調管理には注意しましょう!

三嶋神社の神職をお招きして新年の龍宮社御祭りをおこないました

2019年1月11日(金)
今日はぽかぽか陽気のいいお天気、そんななか毎年恒例の新年龍宮社御祭りを行いました。
地元三嶋神社の神職をお迎えし、当組合の漁業者が参列、海上安全・大漁・事業発展の祈願を行いました。
昨年も台風で被害を受けたり、漁模様が不安定だったりという一年でした。
自然とともにある漁業においては、自然の驚異を感じることも多いですが、今年は恵み多き年であることを願います。
なお、御祭りの締めは独特の拍子の「須賀の一本締め」です。

次回地どれ魚直売会は、2019年1月25日(金)開催予定です。詳しくは↓HP内をご確認ください。