平塚漁港の食堂

平塚漁港の食堂

平塚漁港の食堂(食べログ)
平塚漁港の食堂駐車場/店舗情報について
平塚漁港の食堂(当組合ブログ記事)

平塚漁港の食堂は、
2014年4月、当組合の6次産業化計画の1つとして建設しました。毎日漁港に水揚げされる魚たちを市民に食べてもらいたい、そんな思いを実現すべく、促進事業者として株式会社ロコロジとタッグを組みスタート!
平塚漁港の食堂
株式会社ロコロジは、日常に水揚げされる魚たちを市民が当たり前に食べていない現状に疑問を持ち、平塚市紅谷町に「紅谷町BQバール」を2012年に開業、早朝の漁港に直接足を運びながら、漁港で漁師と水揚げされる魚たちと顔を合わせ地元で水揚げされた魚を当たり前に食べるという仕組み作りをスタートさせました。その後、2013年11月平塚海岸にある通年利用型施設「湘南ひらつかビーチパーク」の売店「ビーチバルSUCCA」を運営、地魚竜田バーガーはボリューム満点おいしいと大好評です。

平塚漁港の食堂(食べログ)
平塚漁港の食堂駐車場/店舗情報について
平塚漁港の食堂(当組合ブログ記事)

次回地どれ魚直売会は、12月21日(金)開催予定です。詳しくは↓HP内をご確認ください。