「平塚の漁業」タグアーカイブ

春の足音、定置網の水揚げが始まりました、、、漁模様は。

今週は、しらす漁の解禁から定置網の資源管理休漁とメンテナンスが終わり、当組合所属の2ヶ統の定置網が揃って操業し始めました。
陸上では、春の陽気を感じる日も多く海も大漁!と期待したところですが、海はまだまだ冬モード。
量が多いとダンべ(魚を入れるグリーンのBOX)で〇個分と水揚げ量を表現するところですが、今はタル(青い大きなバケツ)で数えて3個~4個。
海の中まで春モードになるにはもう少し時間が必要なのかもしれません。みなさん、期待してお待ちください♪

漁師に興味がある方たちが漁業体験研修として定置網「川長三晃丸」の漁体験をしました

神奈川県で漁師になりたい!漁業に興味がある!そんな方たちに向けた漁業体験研修を神奈川県が募集し、今朝、平塚で実施されました。
今回の漁業体験は平塚の定置網「川長三晃丸」
深夜に出港し、水揚げ、選別、出荷、そして陸上での網の修繕作業などを体験、いつも定置網の漁業者が行っている仕事の様子を見学していきました。
ちなみに神奈川県で募集している漁業体験はまだ募集中のものもあります。興味のある方は神奈川県水産課HPまで

グルメ&ダイニングショー、PR展示行ってきました!

2019年2月12日(火)~15日(金)まで
東京ビッグサイトで開催された
グルメ&ダイニングショーにシイラプロジェクトとしてPR出展を行いました。これは、平塚市がサポートしている「産業間連携ネットワーク」をPRすることも兼ねたブースで、今年度取組んできたシイラプロジェクト(産業間連携ネットワーク会員プロジェクト)の節目として整理、表現してきました。

20190212-15グルメ&ダイニングショー見本市出店シイラプロジェクト

ひらつかタマ三郎くんも出動しましたが~♪
今回のメインは「シイラちゃん」脇役と言いながらも、その存在感は多くの人の目を惹きつけました(笑)
湘南いぶし(燻製工房)とのシイラ燻製商品の開発から、鳥仲商店(鶏肉専門店)のシイラカツ&マヒマヒタルタルバーガーの開発販売、進和学園(社会福祉法人)とのシイラグッズ提案、製造やバーガーへのバンズなど素材提供などシイラを中心に市内事業者が巻き起こした連携について説明、PRさせていただきました。

このほか、直売会に小学生がシイラについてもっと知りたいと足を運んでくれて、シイラを購入。その後それらをまとめた課題が表彰されるなど展開を見せている話や、平塚商業高校の生徒たちが課題研究の一環で平塚のシイラを巻き込んだ地域活性を考え、市内事業者の協力を得て商品づくりからはPR販売、分析、発表まで行う取り組みに展開している点についても説明させていただきました。

出展した成果としては、シイラという関東圏ではマイナー魚、しかしハワイでは「マヒマヒ」として有名なお魚をテーマにしたことで、的が絞り込まれ、ハワイアンレストランやフィッシュバーガー店、地産地消をテーマにした中食業者などからフィレ加工されたシイラの仕入れについて相談があったりしました。
今回の展示は国内各地から来ている出展者、参加者も多く、ご当地シイラ事情として、日常的に食べる食べないトークなどに花が咲き、シイラについては国内様々、非常に面白かったです!

漁業体験研修参加者募集中!定置網の漁業に興味のある方、お申し込みはお早めに~

漁業に興味のある方、実際に漁業を体験してみませんか?
漁業に就業したい方を対象に漁船に乗り漁業の体験ができる研修会を神奈川県が行います。
現在、申し込み 募集中です。

開催日:2019年3月8日 (予備日3月12日)
場所:平塚漁港
体験する漁業:大型定置網漁業
定員:5名程度
申込期限:2019年2月12日(火)17時
詳細・申込みはこちら(神奈川県水産課HP)

ご希望の方はお早めにお申し込みくださいませ~

この他、神奈川県では新規就業者を増やすことを目的として漁業体験を企画しています。ホームページを確認してみて下さい。http://www.pref.kanagawa.jp/docs/kb2/syugyou/index.html

平塚100人カイギ!開催♪平塚の漁業をみんなに知ってもらおう!

2018年12月16日(日)
平塚市市民活動センターにて、平塚100人カイギ(Vol.1)が行われ、当組合は講師として参加してきました。
どんな内容を話したら良いのか、、悩みましたが。
やっぱりコレ!「平塚の漁業をみんなに知ってもらいたい!」をテーマに。
平塚に海があることは知っていても、漁師や毎日お魚を獲っている漁師たちがいることを知らない方々も多い。やっぱりコレと水揚げのこと、様々な取組み、漁師たちの想いからスタートした「地どれ魚直売会」などなど。全力投球で話をしてきました。
毎回5名の講師が登壇する仕組みになっている100人カイギ。今回も私以外に4名の講師が参加。率直にとても刺激になります!何かしらの想いを持って事業や活動に取り組む人々の話を聞くことはとてもパワーと勇気をもらえます。
100人まで行ったら終わりなので、単純計算で後19回しか開催されないと思うと、惜しい気持ちになります。次回以降も要チェックです。

20181216 100人カイギひらつか

参加者の中には、こども記者もいて質問やコメントを動画で撮影(後日YouTubeで発信する予定とのこと)そして何より参加する方々の積極的なコミュニケーション。緊張して参加しましたが、最後にはみんな友達に♪なりました。
良き刺激をいただきながら、今後の展開に役立てていきたいです!


100人カイギとは、、、、
「マチにいる100人がプレゼンする」をコンセプトに2016年1月から東京都港区ではじめた活動です。今や各地で行われ、渋谷区、相模原、横浜、千代田区、新宿区でも開催されている、イベントです。
平塚に暮らす、働く、ちょっと面白いことをして関わっているヒトに、仕事や活動についてお話ししてもらいます。 毎回5人(たまに4人)のゲストを招待し、100人集まった時点で会は解散。
カイギ≠会議だと考え、固い話はナシ、ゲスト自身の活動をありのままにお話ししてもらい、その人を起点に新しいつながりが生まれる。それが100人カイギの目指す「カイギ」です。

平塚100人カイギFBページより