「水中ロボット」タグアーカイブ

平塚漁業新技術検討会を開催♪

2019年10月8日(火)恒例?!不定期開催♪
漁業新技術検討会を開催いたしました。
当組合の呼びかけに、東京大学、県、市、水産関連団体、民間業者と様々なバックグラウンドをお持ちの方々集まっていただきました。本当に感謝、感謝です。

今回も、次世代型漁業の構築を目指し、また当組合、漁業の抱える課題解決を目指し、話題提供から意見交換が行われました。漁業収入向上や漁業コスト削減を見据えた取り組みとしていろいろな視点から勉強をさせていただきました。

課題解決のヒントが盛りだくさん!つかんだヒントを未来へつなげて実現していきたいです。ご参集いただきました関係各位皆様本当にありがとうございます!

テクニカルショウヨコハマ2019にて水中ロボット展示

2019年2月6日 〜8日の3日間
パシフィコ横浜にてテクニカルショウヨコハマ2019が開催されて。当組合の漁業新技術検討会や地先の魚礁確認などでもご協力いただいている株式会社渋谷潜水工業さんが開発した水中ロボットがお披露目されました。

20190206パシフィコ横浜テクニカルショウ渋谷潜水工業

こちらの水中ロボ、開発の目的は
定置網や生簀の維持管理や網内の魚数や魚種調査などをより簡単に行えるロボットとして誕生しました。
定置網漁業では、一度設置した網を確認するためには、ダイバーを依頼して確認するというのが一般的で、水深も30m〜40mあり簡単に確認するということはなかなかできません。このロボットがあればちょっと気になる部分を船上での操作で簡単に確認できるというわけです。今後の活躍展開が期待されます!

平塚漁業新技術検討会を開催♪

2019年1月31日
平塚漁業新技術検討会を行いました。
この検討会は、様々なご縁とお力添えを頂きながら平塚の漁業が抱える課題解決や新技術導入など検討する会で発足から10年が経過しました。
今回の議題は、3つ!振り返ってみます。

201901031平塚漁業真技術検討会

まずは、
海里倶楽部さんより平塚漁港の定置網で水揚げされる低未利用魚の活用について、昨年夏から定置網乗船見学から始まり低未利用魚を定期的に仕入、調理して頂き利活用の検討を重ねて頂きました。料理研究家やお弁当業者、学校給食関係者まで広がりを見せています。

次に、
漁業に役立つ水中ロボットを作ろうと神奈川県ロボット実用促進補助金の採択を受け「テックYM」&「株式会社渋谷潜水工業」の共同開発で定置網漁網内を簡易に確認出来るマシーンの報告がありました。以前、平塚沖でプロトタイプの実験を行った時から比較すると更に調整進化し実用的なモデルになっていました。
実際の定置網内で使用してみたいところです。
こちらのロボットは、
第40回工業技術見本市「テクニカルショウヨコハマ2019」にて
株式会社渋谷潜水工業さんより出展されます。

最後に、以前開催した水中映像視聴会で得た情報から未来の相模湾を考えることも行いました。
1つは魚礁や観測タワーの今を映像で残し、今後も継続的に状況把握していくことの大切さの確認。
2つ目は、更に新たな魚礁設置計画時に効果的な構造、内容の検討です。
予算や具体的な計画があるわけではありませんが、非常に有効な情報となることを理解しました。普段見えない水中の様子を見ることから海の豊かさを認識、更にそれをもたらす山・川・海の繋がり、植物連鎖や生態系。ますます海は宝だと感じました。

当検討会立上げからお力添えを頂いている東京大学の北澤先生が教授就任となりました。おめでとうございます!