「台風」タグアーカイブ

定置網 日海丸被害状況

台風19号により被害を受けた定置網
当組合には2つの定置網があり、両方とも被害を受けました。
その1つ、日海丸は平塚沖約2㎞に網が設置してあり、漁業者からこんな感じだったよ。と写真を入手したので記事に。

定置網日海丸被害状況その2
写真提供:県水産技術センター相模湾試験場、定置網漁業者(日海丸)

上の写真も2017年10月に台風後に撮影してもらった画像です。こちらも定置網の1部が壊れ被害がありました。しかし、今回の台風19号はその比ではないことがわかります。わかりやすいようで、わかりずらいのですが、真ん中の写真に定置網の影、形がほとんどないのです。よーく目を凝らすと写真左上の方に浮きや網が集まっています。写真右下が、その集まった漁具です。なかなか、漁業は、普段見ないだけに、こーやって写真を並べてもわかりにくい、、、、ですね。わかる人が見たら異常な状態なのです。。。が。写真左下は、絡まった流木の撤去風景です。これは明らかに流木なのでこんなのも引っかかるんだ、、、、とわかりやすいかな??

なお、現在定置網日海丸は、網全体の完全補修は行わず少しでもお魚を獲ることを優先して操業を開始しました。漁獲しながら網全体の補修作業、復旧作業を行うとのことです。
定置網川長三晃丸の方は、現在漁港内で定置網を海の中で固定している土俵づくりを行っております。今後復旧の様子が報告できればお伝えいたします。

台風19号の残したもの。。

2019年10月12日(土)台風19号が日本列島へ接近、静岡県へ上陸後平塚上空を通過していきました。
大型で非常に強い勢力を持った台風と言われ、台風襲来以前よりベストを尽くした台風対策を実施。大量の雨により、相模川上流の城山ダムは、通常の放流に加え、緊急放流を行うなど今までに経験のない状況となりました。河川の氾濫も警戒される中、台風通過後漁港周辺を確認しました。

結果、河川から流れ出たゴミが、須賀港及び新港を埋め尽くしていました。昨年2018年秋には荷捌き施設の屋根が破損しましたが、そのような被害は無さそうですが、通常の仕事を行うためには、まずゴミ掃除、ゴミ撤去からというパターンです。

現在、人命に関わる被害、事故が起きていないんでこれで済んだから良しという考えもあります。しかし、こりゃぁ参ったなぁ。。。と立ち尽くしております。
明日10月14日(月・祝)は6時集合、漁港関係者総出で対応です。。。。力を合わせてがんばろう!