相模川河口における事故防止会議を行いました。

2017年4月19日(水)
相模川河口における事故防止会議を当漁協2F会議室にて行いました。
相模川、相模川河口や海で船舶等を利用する人々が増加する季節を前に、相模川にあるマリーナ関係者を中心に各事業者が取り組む、事故防止対策や事故発生時の対応について、意見交換と情報共有を行いました。
相模川河口における水難事故防止会議・マリーナ等から出る前にこの後の気象状況等は、把握してから出港させているのか。
・もし事故やトラブル等が発生した場合に、船長はマリーナや救助機関と連絡をとる体制が整えられているのか。
・河口を航路とする利用者に対して、河口の状況が悪い場合の対策として、新港フィッシャリーナの利用を選択肢にしているか。
などなど、日頃当たり前にやっていることだからこそ、各事業者間で確認をしながら、事業者と利用者がしっかりと認識をしていくことの大切さを再確認しました。