定置網 陸作業

本日新港先端にて、定置網漁業の川長三晃丸は網や綱の貝を獲り、洗う作業を行なっていました。
3月上旬の網入れを目標に急ピッチで作業が進められています。

今日は天気が良かったとは言え、季節は冬。
そんな中での水作業、漁師たちはカッパを身にまとい完全防備で作業を進めていました。

しらす漁 網補修


こちらはシラス漁の漁師さん。
今日はお昼ごろ港に戻ってこられました。
不漁続きで日の出から漁をはじめ帰港はこの時間になっています。
今日は、網に何かが引っかかったようで帰港後すぐに補修作業を行なっておられました。
シラス漁は今月までしかできません。来月から禁漁期にはいります。
シラスファンは今月中に十分ご堪能くださいね。

漁業者紹介 川長三晃丸(定置網)

烏帽子岩少し沖合い、平塚側に網を設置しているのは川長三晃丸です。
縦横約1k㎡の範囲に網が仕掛けてあります。
前回紹介した日海丸同様
1:30 に出船し網を締め 3:30 市場のセリに間に合うように仕分けを行っています。

今日現在網の改良につき、水揚げは休止中。
水揚げ再開は来年3月、しばらくお待ちください。

漁業者紹介 日海丸(定置網)

平塚沖 沖合いに見える塔(平塚波浪観測塔)の少し沖に仕掛けてある定置網
空気が澄んで綺麗なときには波打ち際から沖をみると水面に黒い点が連なる物体が見えると思います。そこに縦横1k㎡の範囲に網が仕掛けてあります。
1:30 に出船し網を締め 3:30 市場のセリに間に合うように仕分けを行っています。
今日現在水揚げをおこなっています。
だいぶ魚の量が減ってきています。年明けからの操業は現在検討中とのことです。

湘南朝市

2008年11月9日(日)湘南朝市が平塚競輪場で行なわれました。
今回、当組合は魚をより身近に感じてもらうことと、丸で魚を提供するスタイルを提案することをテーマに魚さばき方のチラシ配布とサバの竜田揚げの試食を行ないました。
市場価値の低い小さいサバを利用したサバの竜田揚げは大好評であっとう間に完食となりました。

朝獲れの鮮魚コーナーも大盛況でした。

日海丸コーナー

川長三晃丸コーナー
新鮮でお安く、いいものを消費者へ
朝市は、消費者が漁業者から直接魚を購入できる良いチャンスです。
このチャンスを利用して新鮮でおいしい魚をたくさん食べてほしいです。
次回開催を楽しみにしてくださいね。

次回、地どれ魚直売会は10/23開催予定です。詳しくは↓HP内をご確認ください。