「イベント報告」カテゴリーアーカイブ

2018かながわ協同組合のつどいが開催され、須賀湊シリーズをPR!

2018年9月7日(金)13:00〜16:00
『2018かながわ協同組合のつどい』が行われました。
これは、協同組合組織のより広い交流・連帯をすすめ、県民に対する協同組合の理念発信を促進し、すみよい地域社会づくりに寄与するものとして開催。今年は、60団体220名の参加があり、日本協同組合学会会長の田中夏子氏による『地域社会の発展・維持に向けた協同組合間協同の取り組み』について講演をいただきました。
事例報告として、神奈川県漁連丸福水産生活クラブ生協が連携した取組。北都留森林組合津久井郡森林組合の県域を越えた流域連携など多数の報告が行われました。
20180907かながわ協同組合のつどい2018
第2部として、展示ブースを通じた交流が行われ、当組合の地場産にこだわった『須賀湊シリーズ(干物・燻製)』の販売を行いました。今回、神奈川県協同組合連絡協議会の愛称も『かながわCo-ネット』と決まり、今後ますます、協同組合の意義、連携を強め共に高めあっていきたいと思います。
北都留森林組合の報告では、ひらつかタマ三郎も登場♪
相模川上流と最下流との交流から川と海とのつながりを考える取組を今後も繋げていきたいと思います。

「ふれあい学校給食」第一弾として平塚市立吉沢小学校へ行き、漁業・お魚のお話をしてきました。

毎年恒例となっているふれあい学校給食。
今年も3校伺う予定の第1弾として平塚市立吉沢小学校へ行ってきました。
平塚の漁業・お魚を子供たちにも知ってもらい、魚食の普及にもつなげたいとの思いで行っている事業ですが、今回伺った吉沢小学校は平塚市内でも内陸の山のほうにある学校で、港からは遠い場所にもかかわらず、平塚の漁業に関心を強く持っていて、毎年訪問しています。
平塚で行われている定置網漁業やしらす漁業の話したほか、今朝の定置網「日海丸」で水揚げされたアオアジ、カタボシイワシを提供いただき捌く実演もしました。

実際に捌いて見せてみると子供たちは興味津々!
「美味しそう」「食べたい」と言いながら、魚を触っていました。
「食育」という面からも、魚という命を食べて人間も生きているという意識や、漁師さん達が一生懸命魚をとってきているという認識を持ってもらうことで、魚を大事に食べてもらうことにつながればうれしいなと思います。

OSC湘南シティの夏まつり&翌日の花火大会にもこっそり地魚串揚げ出没!

2018年8月25日(土)に開催された
地元ショッピングモール OSC湘南シティの夏まつりに
FM湘南783とのコラボチーム「平塚地産地消食育研究会」として出店してきました。台風後、暑さがもどり、OSC湘南シティもステージではアイドル達が躍る熱さ炸裂!
たくさんの方々に地魚串揚げを食べていただきました!
20180825OSC湘南シティの夏まつり
そして、実は、、、翌日26日(日)当漁港で開催された第68回湘南ひらつか花火大会、漁協前でも「地魚串揚げ」をPR販売いたしました♪こっそりと言いながら、人通りの多い場所でガッツリPR&販売。
両日、ご訪問いただきた来ました皆様、ありがとうございました♪