「イベント報告」カテゴリーアーカイブ

ひらつかタマ三郎漁港まつり、快晴の中開催!!

2018年11月17日(土)
ひらつかタマ三郎漁港まつり、快晴の中開催できました!
このイベントは、平塚漁港のネーミングライツ取得をお祝いしスタートしました。気軽に漁港周辺にある遊びやレジャーを楽しんでもらい、ワクワクやドキドキを感じると共に平塚漁港周辺に関心をもってもらい、漁港の活性化を図ることを狙ったものです。
さて、その狙い通りとなったのか!?
20181117ひらつかタマ三郎漁港まつり3
まずは、天候に恵まれました!漁港にある物のたくさん活用しての演出!普段、お魚を移送するために使っているダンべもこんな風になれば「ザ漁港!」といい感じじゃぁないですか!?
11月の秋晴れに恵まれ、日中素晴らしい漁港イベント日和となりました。
20181117ひらつかタマ三郎漁港まつり2
そして、日本釣振興会さんのご協力により開催した気軽に釣り体験会。大きなお魚(ボラ)が釣れました!釣った親子も驚いた様子。いや関係者も驚きました!
釣振興会さんはじめ、関係団体様よりステッカーや釣りガイドブックなど、参加者へのプレゼントもあり豪華な体験会となりました。
20181117ひらつかタマ三郎漁港まつり1
平塚地産地消食育研究会の地魚の揚げ物(平塚のシイラ串揚げ)を中心に、神奈川県漁連さんの乾物類、燻製、漁師なべを販売しました。
ひらつかシイラプロジェクトのコーナー
ひらつか匠の店を巡るツアー については後日報告いたします!
足をお運びいただきました皆様、関係の皆様、今日も1日ありがとうございました♪

FeelShonan!海里倶楽部&魚料理を楽しむ会、定置網の朝どれ鮮魚を♪

2018年11月10日(土)
FeelShonan!
海里倶楽部&魚料理を楽しむ会の皆さんが当組合に集合!
定置網でほぼ毎日獲れるお魚たちは、湘南の魅力そのもの!しかし、定置網漁業は、沖合に網を固定設置して待つ漁業。回遊してくる魚たちの中には、あまり食用としてなじみがないもの、サイズが極端に小さいものも入ります。すべてのお魚が順当に出荷され、値段がつけば漁師たちもニッコリですが、そういうワケにもいかない課題も存在します。
FeelShonan海里倶楽部お魚料理を食べる会
今回実施された会は、以前、8月に実施された「定置網乗船体験とお魚を食べよう会」から誕生した定置網で朝どれした雑魚を楽しむ会。課題のある雑魚を買い取って食べようという会です。
FeelShonan海里倶楽部お魚料理を食べる会2
手間はかかるけど、普通の魚と変わりなし、ちょっとした工夫でおいしいお魚料理に大変身!見方変えれば、骨少ないし♪といろいろなことに気づかされました。
海里倶楽部さんのホームページ

第13回商業まつり「いいもんひらつか魅つけ市」開催!平塚の特産品に認定された「平塚のシイラ」食べてもらえましたか?

2018年11月4日(日)
第13回平塚商業まつり「いいもん ひらつか 魅つけ市」が開催されました!
ところが、今日はあいにくの雨!!
そんな中でもお買い物にいらしてくれた皆さんありがとうございました。
当組合はFM湘南ナパサとのコラボ企画「平塚地産地消食育研究会」として、平塚の特産にも認定されたプライドフィッシュ「平塚のシイラ」を使った串揚げ「地どれ魚のあげマスタ~☆」や燻製「須賀湊の燻し魚」などを販売。
ブースには今年の織り姫さんも来てくれました。
漁業PRキャラクター「ひらつかタマ三郎」も登場し、お魚や漁業、港イベントなどもPR!
20181104商業まつり地魚串揚げマヒマヒ
湘南ひらつか魚食普及協議会では、平塚のシイラを使った漁師鍋や地元魚屋さんによるお魚を使った商品をいろいろ販売!
漁港周辺のお店からは、高甚商店相模屋海苔店・長谷金商店も参加。
紅谷町パールロードの一部は須賀のお店がまとまって販売するエリアとなりました。
すこし離れたテントでは、ベジタマもなかを使った商品の販売も行われました。
日頃からお魚の出荷をしているJA湘南あさつゆ広場もミカンの詰め放題などの販売をしていました。
肌寒い雨の中ではありましたが、なかなかの盛り上がりでした。
20181104商業まつり地魚串揚げマヒマヒ1

「ふれあい学校給食」で平塚市立真土小学校を定置網「日海丸」の漁師さんと「ひらつかタマ三郎」が訪問しました

2018年11月1日(木)
ふれあい学校給食、今年の第2弾として平塚市立真土小学校を訪問しました。
平塚の漁業やお魚を子供たちに知ってもらい、魚食の普及につなげたいとの思いで行っているこの取り組み、今回訪問した真土小学校は周囲に田畑がある内陸地域で、学校行事としてお米の栽培をしているとのこと。
港からちょっと遠い地域ではありますが、今日は定置網「日海丸」の漁師さんにも協力いただき、普段水揚げ作業に使っているカッパを着て学校を訪問、平塚で行われている漁業の話や今朝の「日海丸」で水揚げされた魚を捌く実演をしました。
平塚の漁業PRキャラクター「ひらつかタマ三郎」も一緒に学校を訪問し、子供たちの注目を集めていました。
20181101平塚ふれあい学校給食漁業者と生徒たち
漁師さんも一緒に食べた給食には「サバのみそ焼き」が提供され、子供たちは美味しそうに食べていました。
ところが、あとで先生に話を聞くと、普段は魚が苦手な子が多く、魚メニューは残してしまうことが多いとのこと。
訪問して魚・漁業の話をしたことで、魚を食べようという気持ちになってくれたようです。
漁師さん達が一生懸命に魚をとってきて、魚という命を食べて人間も生きているということを感じる「食育」にもつながったかな、と少しうれしくなりました。

Feelshonan! 匠の店を巡って地どれ魚直売会を楽しもう♪

2018年10月26日(金)
地どれ魚直売会に合わせて、漁港周辺にある『ひらつか匠の店』を巡るツアーin港(南ブロック公民館事業)を行いました!
題して『FeelShonan!平塚漁港周辺の魅力体感。地どれ魚直売会と漁港周辺の匠の店を巡り』です。
20181026匠の店ツアーと地どれ魚直売会
お昼過ぎに、ひらつかタマ三郎漁港有料駐車場に集合した参加者24名は、がんさんの燻製工房(紹介)→干物の高甚商店(こだわりの加工方法の説明&販売→長谷金本店(紹介&試食)→相模屋海苔店(産地による海苔違い説明&販売)→地どれ魚直売会 という流れで全行程約2kmを徒歩で約1時間半で巡りました。
漁港周辺には、匠の店に認定された店舗をはじめ、食事処もあり散歩散策するに丁度よいスポットとして最近盛り上がってきています。是非皆様も漁港周辺の店舗を巡りながら漁港の風を感じてみてはいかがでしょうか!?皆様のお越しをお待ちしております。 (須賀さんぽMAPはダウンロードのページにあるよ!