「イベント報告」カテゴリーアーカイブ

新春!神奈川県漁業者交流大会♪

2019年1月10日(木)
新春 神奈川県漁業者交流大会が開催され参加してきました。今年も新たに2名の青年漁業士、1名の指導漁業士が誕生しました。活動発表では横浜市漁協柴支所より横浜ベイサイドマリーナにおけるアマモ場造成について発表があり、漁業の傍ら豊かな浅場、アマモ場造成の取組を市民団体など手を取り合い展開している活発な活動発表がありました。

20190110神奈川県漁業者交流大会

話題提供として、神奈川県立生命の星・地球博物館の佐藤武宏さんから『神奈川の海』は海岸の環境が多様であることから、生物多様性が高いことがあげられ、そこをフィールドとして漁業を営む漁業者にエールを送っていただきました。当組合も海底耕うん事業や生物のことなどわからないことを気軽に相談させていただき良い関係を築かせていただいております。
もう一つ話題提供として、横浜丸魚株式会社齋藤 融さんからは、『かながわの魚』を扱っていることを消費者へ発信する取組「ハマの市場は楽しい」の話題提供がありました。横浜丸魚さんは、当組合の漁業者、市場とも関わりが深く、定置網で獲れたお魚を出荷させていただいております。通称『おっかけ』と呼ばれ、当日朝どれのお魚が横浜中央卸売市場本場に並ぶので多くの仲卸が期待して待ってくれています。市場なので各地様々なお魚が集まる場所ですが、近年特に力を入れているプロジェクトとして『かながわの魚 』をPRするキャンペーンを展開!また毎月、消費者を市場に招き楽しんでもらうイベントや『かながわの魚』を積極的に扱うお店の取材チラシの作成、お店をまとめたぐるなびサイトを立ち上げるなど多角的に取り組みを進められています。課題の低未利用魚に対する取り組みも行われており、当漁港で獲れたサバを使った魚食普及活動も行われています。季刊誌『横濱』(神奈川新聞社・横浜市協働編集)横濱市場特集も大好評。これら活動は、見習うところたくさん、新年早々たくさんの刺激をいただきました。

季刊誌横濱横濱市場特集

三嶋神社の神職をお招きして新年の龍宮社御祭りをおこないました

2019年1月11日(金)
今日はぽかぽか陽気のいいお天気、そんななか毎年恒例の新年龍宮社御祭りを行いました。
地元三嶋神社の神職をお迎えし、当組合の漁業者が参列、海上安全・大漁・事業発展の祈願を行いました。
昨年も台風で被害を受けたり、漁模様が不安定だったりという一年でした。
自然とともにある漁業においては、自然の驚異を感じることも多いですが、今年は恵み多き年であることを願います。
なお、御祭りの締めは独特の拍子の「須賀の一本締め」です。

平塚漁港は、ひらつかタマ三郎漁港。

皆様、ご存知でしたでしょうか!?
平塚漁港は、「ひらつかタマ三郎漁港」という愛称でも表現OK!と市のネーミングライツ契約によりなっております。
平成28(2016)年4月から平成33(2021)年3月末までの契約で提案型ネーミングライツとして、漁港を活用して漁業や漁港のもつポテンシャルを活かしながら平塚市に貢献することを目的にスタートしました。
当組合としても、東海大学教養学部芸術学科池村研究室から誕生した「ひらつかタマ三郎」くんを大活用して、平塚の漁港、漁業の発信をしていきたいと考えています。
ひらつかタマ三郎について
http://www.jf-hiratsuka.org/hiratama326

2018.12市本庁舎ネーミングライツ事業者展示

さて、平塚市では本日2018年12月28日まで平塚市役所 本館1階 多目的スペースにて 市内10施設1路線に導入しているネーミングライツについて、これまでの事業の取組内容や各ネーミングライツパートナー企業を紹介する展示会を実施しています。
ちょっとお立ち寄りしてみてはいかがでしょうか?

平塚市ネーミングライツ導入推進事業
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/keikaku/page-c_01380.html


12月地どれ魚直売会で平塚のシイラ普及促進プロジェクト!

2018年12月21日(金)天候に恵まれ地どれ魚直売会を実施致しました!そして、ここのところ、毎回開催している平塚のシイラプロジェクト集めてPRしようブース。今回は、「シイラ団子汁」が登場です。

20181221地どれ魚直売会シイラプロジェクト

やっぱり、外でそして漁港で食べる暖かい汁は、うまいなぁ。
さぁ来月は、何が出るかなぁ~出ないかなぁ。引続き平塚のシイラをよろしくお願いいたします!

平塚100人カイギ!開催♪平塚の漁業をみんなに知ってもらおう!

2018年12月16日(日)
平塚市市民活動センターにて、平塚100人カイギ(Vol.1)が行われ、当組合は講師として参加してきました。
どんな内容を話したら良いのか、、悩みましたが。
やっぱりコレ!「平塚の漁業をみんなに知ってもらいたい!」をテーマに。
平塚に海があることは知っていても、漁師や毎日お魚を獲っている漁師たちがいることを知らない方々も多い。やっぱりコレと水揚げのこと、様々な取組み、漁師たちの想いからスタートした「地どれ魚直売会」などなど。全力投球で話をしてきました。
毎回5名の講師が登壇する仕組みになっている100人カイギ。今回も私以外に4名の講師が参加。率直にとても刺激になります!何かしらの想いを持って事業や活動に取り組む人々の話を聞くことはとてもパワーと勇気をもらえます。
100人まで行ったら終わりなので、単純計算で後19回しか開催されないと思うと、惜しい気持ちになります。次回以降も要チェックです。

20181216 100人カイギひらつか

参加者の中には、こども記者もいて質問やコメントを動画で撮影(後日YouTubeで発信する予定とのこと)そして何より参加する方々の積極的なコミュニケーション。緊張して参加しましたが、最後にはみんな友達に♪なりました。
良き刺激をいただきながら、今後の展開に役立てていきたいです!


100人カイギとは、、、、
「マチにいる100人がプレゼンする」をコンセプトに2016年1月から東京都港区ではじめた活動です。今や各地で行われ、渋谷区、相模原、横浜、千代田区、新宿区でも開催されている、イベントです。
平塚に暮らす、働く、ちょっと面白いことをして関わっているヒトに、仕事や活動についてお話ししてもらいます。 毎回5人(たまに4人)のゲストを招待し、100人集まった時点で会は解散。
カイギ≠会議だと考え、固い話はナシ、ゲスト自身の活動をありのままにお話ししてもらい、その人を起点に新しいつながりが生まれる。それが100人カイギの目指す「カイギ」です。

平塚100人カイギFBページより