「いま・むかし」カテゴリーアーカイブ

須賀さんぽMAP改定♪須賀史談会の皆様にご協力を。

2019年1月24日(木)
須賀さんぽMAPの改定を検討している中で、地元の歴史を調査、研究まとめていただいている「須賀史談会」の皆様にお力添えをいただくことにしました。
相談したところ、当組合に大集合!!既存MAPを隅々まで見ていただき助言をいただきました。
私たち職員だけではしることができない、地元のあれこれ。
情報を盛り沢山いただきました。目指せ年度内再発行です。
皆様お待ちくださいませ♪

須賀史談会須賀さんぽMAP相談

現在の 須賀さんぽMAP はこちら

伝統を受け継ぎ、カツオの一本釣り漁へ。丸八丸出漁しました!

夏本番bikkuri.gifかつおの一本釣り漁が始まりました158bb7fd5cacbee14c986fbfe96da119.gif
先日も、丸八丸は、シラス漁を実施後船を走らせ群れを探して沖合へ8c20743eedc7c15ff56deee421dd73c6.gif
出漁。漁模様は上々早々と帰港しかつおの出荷したところです
伝統かつおの一本釣り漁業
かつおの一本釣りは、平塚の漁業とは切っても切り離せない漁業。
歴史をさかのぼると、1800年頃には操業していたことは確実で、
昔は、エンジン付の船ではなかったので、帆で船を走らせ大島付近まで操業していた様子a05.gif
明治末~大正時代には動力機械が搭載され、エリアは伊豆諸島~房総までが行動範囲にkaomoji1.gif
近年はその一本釣りの知識や経験を生かす形で遊漁船へと転向、発展yajirusi2.gif
そして今かつおの一本釣りだけで生計をたてる漁業者はいませんが、こうして丸八丸は、この時期になるとfish1.gif「かつお漁バージョン」ae48c7b602e2a3bfe76c2db6950f6680.gifに船を切り替え、ナブラ(群れ)を求めて広い海へくりだしています74063a4bbb07c486396c0f273b882de8.gif

「須賀の入梅まつり」「須賀の長まつり」と言われた須賀のまつり、20日・21日開催。

平塚 須賀のまつりが2013年7月20日(土)、21日(日)に開催されますpicto1366179389.gif
平塚須賀のまつりについて
流行病や災害がなく、大漁満足・五穀豊穣で人々が平和で豊かであることを祈るお祭りとして古くから伝わっている行事の一つです171c59a6877ced11ca090392c465766d.gif
須賀の鎮守神(通称:明神さん)である三嶋神社のまつりの1つである「須賀のまつり」は、「須賀の入梅まつり」「須賀の長まつり」と言われ、
1600年頃(江戸時代初期)には、【大山千軒須賀千軒(すかせんげん)、南湖は360軒、あいのまつう(松尾)は13軒】と俚言でうたわれ、祭礼もさらに盛り上がりをみせ、輿がのると7日~12日間も続いたことで上記のように言われたそうですpicto1366179590.gif平塚三嶋神社のHPより)

須賀の歴史は平塚の港の歴史、昔から船を使った産業が発展していました

今回は平塚の港地域「須賀」の歴史をご紹介!
須賀の歴史
上の写真は平成5年に平塚市観光協会さんから発行された
「ふるさと再発見 須賀のくらしと文化」という資料の一部ですicon_eek.gif
この資料では須賀地域の昔の産業や歴史が紹介されています。
今でもこの港のある地域を「須賀」と呼びますが、江戸時代には
「須賀村」が存在していたことや、相模川で船67d59de3873e00e8607987086ec6941a.gifを使った砂利の
運搬が盛んにおこなわれていたこと、漁業fish1.gifではブリを獲る網、
地引網、カツオの一本釣りなどが紹介されています。
昔からこの地域が海・船とともにあったことが感じられます。