「漁師たちの困った」カテゴリーアーカイブ

定置網 日海丸被害状況

台風19号により被害を受けた定置網
当組合には2つの定置網があり、両方とも被害を受けました。
その1つ、日海丸は平塚沖約2㎞に網が設置してあり、漁業者からこんな感じだったよ。と写真を入手したので記事に。

定置網日海丸被害状況その2
写真提供:県水産技術センター相模湾試験場、定置網漁業者(日海丸)

上の写真も2017年10月に台風後に撮影してもらった画像です。こちらも定置網の1部が壊れ被害がありました。しかし、今回の台風19号はその比ではないことがわかります。わかりやすいようで、わかりずらいのですが、真ん中の写真に定置網の影、形がほとんどないのです。よーく目を凝らすと写真左上の方に浮きや網が集まっています。写真右下が、その集まった漁具です。なかなか、漁業は、普段見ないだけに、こーやって写真を並べてもわかりにくい、、、、ですね。わかる人が見たら異常な状態なのです。。。が。写真左下は、絡まった流木の撤去風景です。これは明らかに流木なのでこんなのも引っかかるんだ、、、、とわかりやすいかな??

なお、現在定置網日海丸は、網全体の完全補修は行わず少しでもお魚を獲ることを優先して操業を開始しました。漁獲しながら網全体の補修作業、復旧作業を行うとのことです。
定置網川長三晃丸の方は、現在漁港内で定置網を海の中で固定している土俵づくりを行っております。今後復旧の様子が報告できればお伝えいたします。

平塚漁港、定置網2ヶ統の状況です。

2019年10月17日(木)
ひらつかタマ三郎漁港(新港)にて、定置網漁業者たちは、作業を進めていました。前日、丸1日がかりで海に設置してあった定置網を撤去する作業をしており、この日は、船に積まれた網を陸に上げる作業です。
通常通り海に入っている網は順番に手繰り寄せ船の上にあがってきますが、台風により傷んでしまった網は、破れてしまったり、他と絡まったり、ねじれたりとすんなりいかないようです。長く数百メートルとつながっている網は、一度あげはじめるとストップしずらく、節目が来るまで作業がやめられない。。。という状況。
まだまだゴールは見えませんが、各漁業者1つ1つ修理に向けて動いております。また経過をお知らせしていきたいと思います。

平塚漁港定置網台風19号復旧作業20191017

漁港内では、漁港に集めたゴミの処分も早速始まりました。平塚市の協力もあり迅速に業者が手配され、先日漁業者が寄せ集めたゴミたちを重機を使って運んでくれています。こちらもゴミの量から見ると何日かかるのかわかりませんが、動き始めておりますね。ありがたや、ありがたや。

漁師募集!そして、今週末は漁業就業東京フェア開催。

当組合に所属する定置網漁業では、
現在一緒に働いてくれる仲間、スタッフを募集中です!

募集内容はこちら↓
定置網 日海丸
定置網 川長三晃丸

今週末、7月6日(土)には
漁業就業支援フェア2019 東京会場」として
池袋サンシャインシティにて大規模なマッチング会が開催され、神奈川の漁師たちも複数参加予定です。
また、神奈川県/神奈川県漁連としてブースを構え、当日参加できなかった漁業者の募集情報を集めてお知らせしてくれます。

当組合漁業者のフェア出展はありませんが、 是非、ご希望の方は神奈川県/神奈川県漁連ブースへのご来訪お待ちしております。
漁師になりたい!という人は要チェックです。

漁師募集の写真 タマ三郎つき

明日は朝一で漁港清掃決定です!

2019年5月21日(火)
今朝は、朝から雨、時化ですべての漁業は、お休みとなりました。漁港にはたくさん船が集まり、時化が終わるのを待っています。雨がたくさん降ったので、川からたくさんのゴミも入ってきてしまいました。これは集まって欲しくなかった~。
明日は、朝一番で漁港清掃決定です!

定置網で使っている「網さばきマシーン」はいらんかね?!

こちらの写真、定置網で使っている道具の一つ。「網捌き機」という物です。
クレーンで吊って網を転がしながら、網の移動などを行うマシーン。漁師たちの省力化に一翼を担っているマシーンの一つ。
写真の機械をお譲りします。値段等はご相談ください!
とのことで漁業者より連絡を受けました。
サイズはザックリ175㎝✕175㎝くらいの大きさです。
上の青いバーが横のピンを抜き差しすることで取り外しできるタイプとのこと。要らんかね~、要らんかね♪
(お問合せ先)平塚市漁業協同組合 0463-21-0146
20180628網さばき機