JFhira1 のすべての投稿

かながわブランドモニター交流会に参加してきました!

2019年3月18日(月)
かながわブランドモニター交流会が行われ、神奈川県しらす船曳網連絡協議会&平塚市漁協として参加してきました。
かながわブランド振興協議会(事務局:JA神奈川県中央会)では、かながわブランドを広く多くの方々に知ってもらい利用してもらおうと様々な取り組みを行なっておられます。
今回はその一つである『かながわブランドモニター』(発信力のある県内の野菜ソムリエ、料理研究家)と今年度訪問した生産地関係者との交流会が行われました。当漁港には、昨年10月に来訪いただき、かながわブランドにも認定されている『湘南しらす』の生産加工現場と平塚の漁業、6次産業化の取り組みについて視察いただきました。

かながわブランド交流会20190318

研修会のあとは、地元生産者と二人三脚で作る健康的で美味しい料理が人気の『アッシュ×エム』(平塚市夕陽ケ丘)にて交流会が行われました。湘南しらすや地場産の野菜も使った数々の料理、社会福祉法人進和学園のトマトジュースで乾杯!米の食味ランキングで特Aをとった地元のお米『はるみ』をつかった焼酎の試飲もあり交流会は賑やかになりました。
野菜ソムリエや料理研究家のみなさんは、非常に熱心で漁業や農業、畜産関係者と話が盛り上がっていました。ワインや日本酒に精通した方もおられ、素材をより活かし、美味しく食事することなど私たちの生活をより豊かにするヒントがたくさんありました。

この他かながわブランド振興協議会では、かながわブンラドの登録やかながわブランドの品々をはじめ県産品をつかうお店を『かながわブランドサポート店』として登録する事業も実施。WEBページでは、『かなさんの畑』(かながわブランドをはじめ、県産品の情報発信)を運営されています。ネット販売で購入できる品物もあり見応えのあるHPとなっていますよ。

春の足音、定置網の水揚げが始まりました、、、漁模様は。

今週は、しらす漁の解禁から定置網の資源管理休漁とメンテナンスが終わり、当組合所属の2ヶ統の定置網が揃って操業し始めました。
陸上では、春の陽気を感じる日も多く海も大漁!と期待したところですが、海はまだまだ冬モード。
量が多いとダンべ(魚を入れるグリーンのBOX)で〇個分と水揚げ量を表現するところですが、今はタル(青い大きなバケツ)で数えて3個~4個。
海の中まで春モードになるにはもう少し時間が必要なのかもしれません。みなさん、期待してお待ちください♪

本日、しらす漁解禁日!結果はいかに!?

2019年3月11日(月)
しらす漁は、解禁日を迎えました!
朝から風、雨、天気としては悪いスタートでしたが、漁模様はいかに!?
出漁した丸八丸さんからの情報では、少し居た!ようです。
船を走らせ、魚群を確認。いない時は魚の影もない。それに比べて、しらすが居た!これはスタート良いのでは!?
明日からの漁に益々気合が入ってしまいます。
JA湘南あさつゆ広場や店頭での販売に余裕がでる日が楽しみです。今年の豊漁を期待です!

3月2日(土) FC東京戦にもカツ!「ベルマーレフードパーク」にシイラメンチカツ登場!

2019年3月2日(土)に行われる、湘南ベルマーレ VS FC東京戦
ベル―マーレフードパークに鳥仲商店が出店します。
今回、フードパークでは、肉祭り2019と題して、肉がたくさん集まるわけですが、鳥仲商店では、 ★デカ鶏まんを販売。
湘南ひらつか名産品にもえらばれた鶏肉の中華まんで今回は数量限定でなんと1.5倍サイズをご用意するそうです。
そして、こちら!!FC東京にもカツ!
平塚のシイラプロジェクトでもおなじみの「シイラメンチカツ」の販売も行います。数に限りがあります、是非最初にシイラメンチをGETしてくださいませ(笑) そして、2連勝をカツ取ろう!
場所は、 キングベルパーク付近(平塚市総合公園 シャトルバス乗降場~大池付近まで) です。探してね~♪

当日のベルマーレフードパークの詳細は
http://www.bellmare.co.jp/211869

20190301鳥仲商店シイラカツベルマーレフードパーク

平塚のシイラプロジェクトについて事例発表させていただきました♪

2019年2月26日(火)15:00~
平塚商工会議所食料品部会主催で、平塚市の産業間連携ネットワーク事業の説明会と異業種名刺交換会が行われました。
平塚商工会議所に先着40名募集でピッタリ40事業者が集まりました。
市の産業間連携ネットワークを活用させていただいている「平塚のシイラプロジェクト」。今回取組事例として、鳥仲商店さんが一歩踏み出していただいたところから、今年度の取組まで振り返りながら、鳥仲商店さんと当漁協で説明をさせていただきました。
名刺交換会では、市内にある事業者でこれまでまったく接点が無かった事業者がほとんど。一見全く連携できそうにない事業者から新たなヒントを得ながら次につながりそうな予感も♪

20190226平塚のシイラプロジェクト商工会議所事例発表にて