JFhira1 のすべての投稿

湘南チャンネルに平塚漁港から鯵登場!!

2020年7月15日(水)~2020年8月14日(金)まで湘南ケーブルネットワーク「湘南チャンネル」にて絶賛放送中!

2020.7-8湘南ケーブルネットワーク平塚食べCIAO

ひらつかタマ三郎漁港(平塚漁港)」から発信!
〈平塚食べCIAO!!〉シリーズの第6回目。
海の恵みたくさんの相模湾で獲れたアジを中心!
定置網の水揚げの様子から料理まで♪
料理は、当組合のお魚PR大使として活躍するフシッチェさんにお手伝いいただきました。 もちろん、漁業PRキャラクター「ひらつかタマ三郎」くんも登場!しっかり直売会の宣伝も(^^♪
お魚食べて元気もりもり♪

上記動画は、宣伝用ユーチューブ動画です。
メイン番組はSCN湘南チャンネルにてお楽しみください♪

この番組制作は、神奈川県湘南地域県政総合センター協賛事業で、県が推進する「未病改善」の取組に同調し、地産地消による健康増進と農水産業の理解促進を目的としています。

平塚漁業新技術検討会を開催しました。

2020年7月22日(水)
漁業新技術検討会を開催いたしました。
新型コロナウイルス感染症の影響もあり、当初は4月に開催予定でしたが、感染拡大の状況を見ながらテレビ会議も併用し、ウイルス対策も取って開催いたしました。

当組合の呼びかけに、東京大学、県、市、水産関連団体、民間業者と様々なバックグラウンドをお持ちの方々集まっていただきました。

漁業新技術検討会20200722

今回のメインは、当組合からスマート漁業に対する組合の考え方として~持続可能な漁業の構築を目指して~スマート漁業導入促進プランの説明をさせていただきました。これまでの取組からこれからの取組へ産・学・官の連携による事業促進を期待し進めていきたいです。

ハマヒルガオが 咲く、しおかぜ広場を目指して

2020年7月11日(土)
ひらつかタマ三郎漁港(新港)内にある『しおかぜ広場』にてハマヒルガオの植栽を行いました。
このハマヒルガオは、平塚市観光協会の観光サポーター花グループが以前よりハマヒルガオの増殖を狙い増やしていた苗を約500株分けていただき観光サポーターのお力添えをいただき漁港に植えました。

しおかぜ広場観光協会ハマヒルガオ植栽

今回植えた苗が定着し、来年、再来年の5月頃にはハマヒルガオが咲き乱れることを期待しています。心配なのは、台風など強風で砂が飛ばされ苗が消失してしまうこと。この梅雨時期の雨で少しでも多くの苗が定着することを願います。

水難事故防止。特に今年は注意して水辺を利用しましょう!

2020年夏は、新型コロナウイルス感染症の影響によって、神奈川県内全ての海水浴場が開設されないことが決まり、十分な安全対策が確保されていないことが話題になっています。

万が一に備えて、神奈川県と公益財団法人日本ライフセービング協会は包括協定を締結するなどの様々な対策を講じていますが、今年は特に注意をして行動する必要があります。

遊泳はお控えください

当救難所として「海・川・浜」で事故防止は常に願うこと。少しでも多くの方に今年は、いつもある海水浴場が無く、それに伴い様々なマリンスポーツ等が混在する可能性が高いこと。また、海水浴場に限ったことではありませんが、海・川・浜では、船・水上バイクや釣り、マリンスポーツなど様々な目的を持った利用者が多いところ。互いの存在を理解し事故トラブルなど無いよう留意をと周知させていただきます。

コロナウイルス感染症を警戒した状態で迎えざる得ない今、神奈川県は、海岸における水難事故防止等に向けた取組を推進、安全・安心な海岸づくりの実現を図ること目指しライフセービング協会と連携し様々な取組を進めています。平塚海岸でも海水浴場が設置されていた『湘南ひらつかビーチパーク前の海岸』でもライフセーバーのパトロールも検討されているようですが、海水浴場の設置がされていない状況は変わりません。遊泳を控える、これを機会に水辺での事故防止や利用についても考える良い機会となればと願います。

(自宅で家族で水辺の事故を考える)
公益財団法人日本ライフセービング協会では、子どもたちに、海岸での水難事故防止へ向けた心構えや、安全のための知識と技能を身に付けて欲しいと、協会ホームページにて教材をUPしています。大人たちにも非常にわかりやすい内容になっています。一見の価値ありだと思います!

日本ライフセービング協会 守ろう!いのち、学び合おう!水辺の教室。→https://elearning.jla-lifesaving.or.jp/

(各水辺の利用者が事故防止のために)
水辺の様々なマリンスポーツなど事故防止についてはこちら↓
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/info/marinesafety/jikotaisaku.html
海上保安庁 海の事故防止対策、役に立ちます!

波の力で電気をつくる!プロジェクトをよりわかりやすく♪

当漁港では、環境省CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業を展開しています!って漢字ばっかりで難しそう~。ということでこの度、平塚市と当組合では、要するに「波の力を使って電気をつくる試験」をよりわかりやすくするための読み物を作りました!今回の実証実験での工夫されているポイントも書かれているので是非覗いてみてください。

ひらつかタマ三郎は、「だいぶわかりやすくなったなぁ~」と感想を。
これら資料は、平塚の釣り船、平塚漁港の食堂、ららぽーと湘南平塚店に配架!また、平塚市のHPからダウンロードできるので是非見て下さいませ。またこの市HPにもリンクがある↓動画ですが、これが波力発電施設を海側からそして海の中までバッチリ見ることができるのでよーくわかります。

先日、学校関係者からこれは生徒たちに環境のこと、CO2排出削減、自然エネルギーのことを考える良いきっかけになる!と反響をいただきました。今後ますます平塚漁港発!未来を担う子供たちへ 役立てていただければと感じました。

当組合としては、地球温暖化に対する取組に寄与することで豊かな漁場環境を守り、この取組通じて漁業コスト削減、漁獲物の付加価値化など、漁業者の所得向上につなげたいと考えています。また、この実証実験が実験でなく実用化となり漁港にある製氷機や冷凍庫、漁船の電動化も夢見ています♪